「豆腐ってどうやってできるの?」身近な食材と仕事模様

Pocket
LINEで送る

 

豆腐」。

日本をはじめ、アジアではお馴染みの食材ですね。

 

長寿食と言われる豆腐には、良質なタンパク質が多く含まれています。

それは、原料の大豆によるものです。

大豆には、タンパク質のほかにも脂質、炭水化物、食物繊維、カリウム、カルシウム、

マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンE、ビタミンB1、葉酸など

様々な栄養素が含まれます。

脳の活動を活発にし、記憶力の向上などに役立つレシチンなども含まれているため

身体面、学習面にも優れた食材ですね。

 

本日は、そんな身近な「豆腐」「大豆」について

分かりやすく、学べる絵本を紹介したいと思います。

 



おとうふやさん

主人公のみっちゃんお母さんが、豆腐屋さんの見学をするお話です。

固い大豆が柔らかい豆腐になるまでの工程が

子ども目線で、とても分かりやすく描かれています。

豆腐の仲間のおから油揚げ厚揚げがんもどきも登場し

いつもの見慣れた豆腐の、多様な姿を改めて学ぶことができます。

 

 

絵本内容

 

 

商店街のお豆腐屋さんで、みっちゃんは大きな桶を見つけます。

 

 

桶の中に入っていたのは沢山のマメ、大豆でした。

味見をしてみると、とっても固い大豆。

このマメが、豆腐になるなんてビックリ。

 

 

よく見ると店先には、豆腐以外にも

「おから」や「あぶらあげ」なども売っています。

 

 

豆腐の仲間だと言うけれど

どんな風に、このマメが変身するのでしょう。

 

興味を持ったみっちゃん

翌朝、お母さんと一緒に、豆腐作りの見学をさせてもらうのです。

 

 

 

普段、何気なく口にしている大豆食品に、更に愛着が湧く一冊です。

見どころは、お豆腐の誕生だけではありません。

 

お豆腐屋さんは、まだ暗いうちから働き始めています。

専用の機械や道具を、慣れた手付きで扱いながら

丁寧に豆腐をつくり、開店の準備をします。

 

お豆腐屋さんの真剣なまなざし。道具を大切する姿。

「しごと」に対する、大人の熱意も伝わってくる作品です。

 

 

絵本データ

タイトル おとうふやさん
作者 飯野 まき
出版社 福音館書店
サイズ 26×24cm
ページ数 28ページ
発行日 2015/11/5

 

Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*