言葉の意味

Pocket
LINEで送る

パードレの口癖は、「やばい」でした。

 

肩が痛くて「やばい」。

子どもが食事をこぼして「やばい」。

夕食が大好物だった時も「やばい」。

 

良いことも、良くないことも

「やばい」「やばい」「やばい」「やばい」。

 

最近では、「やばい」も良い意味で、使われることもありますが

「やばい」は、「不都合」「あぶない」「具合が良くない」等の意味も持つため

あまり、使いまわしたくはない言葉です。

「言葉」は通常、他人に向け発していると捉えられがちですが

自分にも向けられているのです。

 

「言葉は、人格を作る」と、言われます。

言葉の選び方、使い方は、性格や表情に表れていきます。

「やばい」ばかり言っていて

不都合で、あぶなくて、具合が良くない人格になっては困ります。

そして、そんなことばかり引き寄せても、たまったものじゃない。

 

そこで、

パードレは「やばい」と言いたくなった時は

代わりに「最高」ということにしました。

 

大変な時の「やばい」でも

困った時の「やばい」でも

どんなマイナスの出来事でも

「やばい」と言いたくなったら「最高」と言うのです。

 

遅刻する ⇒ (やばいと言いたいけど)「最高!」

物をなくした ⇒ (やばいと言いたいけど)「最高!」

携帯を落とした ⇒ (やばいと言いたいけど)「最高!」

 

実際に使ってみると、なんだか笑えてきたパードレ

大変な出来事も、何でもないように感じてきました。

 

更に、大変な時にでも「最高」って言えてしまう自分こそ

「最高?!」なんて、ポジティブに思えたのです。

 

「最高」という言葉を繰り返すことによって

脳は「自分は最高だと考えているんだな」と認知します。

そうすると、周りの物事から

「最高」のものを探すのも、うまくなっていくのです。

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*