カレーのひみつ

Pocket
LINEで送る

今や国民食と言われる「カレー」。

「毎週〇曜日はカレー曜日」のご家庭も、多いのではないでしょうか。

 

市販の「ルウ」を使えば、簡単に作れてしまうのも魅力のひとつです。

「カレー」が日本に伝わったのは、明治時代と言われています。

当時は、イギリス料理として、親しまれていたようです。

現在では、日本だけではなく世界中で人気のあるカレー。

 

本日は、子どもと一緒に「ルウ」まで作れちゃう「カレーのひみつ」をご紹介!

 



 

カレーのひみつ

しぜんにタッチ!シリーズの「カレーのひみつ」。

カレー粉の作り方から始まり ⇒ カレールウ ⇒ カレー

いつも目にする「カレーライス」までの作り方が、よく分かります。

 

 

 

絵本内容

まずは、スパイスを使ったカレー粉の作り方から、話は始まります。

出てくるスパイスは17種類。

日本でも比較的、手に入れやすいスパイスが登場。

すべてカラー写真なので、スパイスの色も様々で見ていて綺麗です。

 

イラストの女の子とコメントが、親しみを持てて良いアクセントになっています。

 

スパイスは植物の種や葉などを干して、乾かしたもの。

「色」のもとになるもの

「辛さ」のもとになるもの

「香り」のもとになるもの、があります。

 

 

まずは、大きいつぶのスパイスを潰し、粉のスパイスとよく混ぜます。

ターメリックはフライパンで炒る。

ひとつひとつ手順と写真で、説明があります。

 

カレー粉ができた後は、その粉を使ってルウ作り。

よく見る茶色で四角いルウが出来上がります。

 

 

みんなが大好きな「カレーライス」は、こんな風にできているんだ~!

よーし、一からカレーライスを作ってみよう!と意欲が湧く作品です。

 

絵本データ

タイトル カレーのひみつ
作者 料理・監修 中山 章子

写真 古島 万理子

出版社 ひさかたチャイルド
サイズ 21×24cm
ページ数 28ページ
発行日 2009年6月1日
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*