飛行機好きと車好きは見逃せない!絵本≪ひこうじょうのじどうしゃ≫

Pocket
LINEで送る

ツーリッキ

本日おすすめの絵本は、飛行場で働く車の絵本です。

街中では、なかなか見ることのできない特殊車両が大集合!




ひこうじょうのじどうしゃ

 

絵本紹介

ツーリッキ

飛行機が着陸すると、飛行場の自動車は大忙し。

一斉に、飛行機の周りに集まります。

 

まずは、パッセンジャー・ステップ車

私たちが、乗り降りする為の、階段を備えた車です。

飛行機に乗る際は、一番お馴染みの車かもしれませんね。

他には、

飛行機とターミナルを移動してくれるリムジン・バス

クルー専用バスなども、あるようです。

更に、荷物運搬の為の

ベルト・ローダや、カーゴ・トラック

コンテナ・ドーリーに、トーイング・トラクター

 

どのように、荷物が移動するのか

車や人が働いている様子も、描かれています。

客室やトイレ掃除用の、車も登場します。

快適なフライトの為には、とても重要な存在ですね。

飛行場で働く、多くの車には

リフトが、取り付けられており

飛行機の高さに合わせて、作業をします。

 

 

掃除の後は、次のフライトに向けて

食材を積み込み、燃料補給もします。

活躍するのは、フード・ローダ給水車給油車

 

ツーリッキ

まだまだ、空港の働く車は出てくるよ~!

空港の安全を守る、空港パトカー。

もしもの時の、救急医療作業車や、高速科学車

超大型科学車は、街では見ることができないようです。

 

 

このように、空港では

何種類もの、特別な車両が働いています。

多くの働く車が活躍し、多くの働く人々に支えられ、

そして、飛行機は安全に守られ、空に舞い上がるのだと、学べる絵本です。

 

飛行場以外では、見ることのできない

専門の働く車を、たくさん知ることができるので

乗り物好きな子には勿論、「空港のお仕事の話」としても、楽しめます。

早速、空港見学に行ってみたくなる絵本です。

 

飛行機好きなら、空港の他にもおすすめスポットがあります。

千葉県成田空港近くの「航空科学博物館」です。

航空科学博物館

イベントが行われている時は、特殊車両を見学することもできます。

 

 

 

絵本データ

タイトル ひこうじょうのじどうしゃ
作者 作・絵: 山本 忠敬
出版社 福音館書店
サイズ 22×21cm
ページ数 24ページ
発行日 1994/1/25

初めましての車両があった、あなたも
飛行場のお仕事に感激した、あなたも
👇ぜひ、よろしくです👇


人気ブログランキング



 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*