自分で思う自分の性格

Pocket
LINEで送る

役割が人をつくる」という言葉を、聞いたことがありますか?

 

人は、与えられた地位や役割に、なりきるように動くと、言うことです。

 

たとえば、職場で権力のある地位についたり、そのような職業に就くと、

人は、その役割に見合うような人間へと、変わっていくのです。

 

それは「性格」にも、当てはまります。

「積極的」「平和主義」「几帳面」など

自分自身のことを、自分で思っている性格があったとします。

すると、無意識のうちに

その認識が正しいと、証明するかのような振る舞いに結びついていくのです。

 

 

「よく寝る性格」だと思っていれば、本当に寝てばかりです。

そんな性格だと、思い込んでいるのには理由があるはずです。

・疲れた時は、寝ればよくなると思っている

・身体の痛いところも、寝れば治ると思っている

・寝ているのが、何よりも楽で幸せだと思っている

・寝ないと不調になる、と思っている

など、睡眠が、いかに自分に必要で大切かと

自分に、思い込ませる理由が、上がってくることでしょう。

 

自分にとって、プラスになる性格なら問題ありませんが

直したい性格の場合は、もっと深く掘り下げて

セルフイメージを、変える必要があるのです。

Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*