こんな「お弁当」見たことありますか?

Pocket
LINEで送る

卵焼き、唐揚げ、ウインナー、エビフライ・・・

これらの言葉で、連想するものと言えば・・・

 

そう!お弁当です!

 

お弁当の起源は、平安時代まで遡ることができるそうです。

当時は、おにぎりや調理済みの乾燥米が食べられていたようです。

現代では、スーパーやコンビニでもお弁当は買えますし

持ち帰り弁当、宅配弁当、サービスも多様化してきました。

 

業界大手の「ほっともっと」の店舗数は、2500店以上にもなります。

手軽、バランス、お得なお弁当は、やはり需要があるのですね。

 

本日は、お弁当屋さんのお手伝いをする

コブタ君のお話を、ご紹介致します。

 

 

 

はらぺこブブのおべんとう

 

お弁当と一口に言っても、中身は様々。

様々と言っても、このお話に出てくるお弁当は、めずらしいものばかり・・・。

 

 

こぶたブブが、お腹を空かせて歩いていると、お弁当屋さんを発見!

 

 

 

どれもこれも、美味しそうなお弁当ばかり。

お弁当屋のクマッチョさんは、こう言いました。

「お手伝いをしてくれたら、ごちそうするよ。」

 

 

ブブは早速、お手伝いの配達を始めます。

はじめのお弁当は、手のひらに乗るほどの小さなお弁当。

中身は、はちみつパイと、はちみつボンボン

これは、誰のお弁当なのでしょうか。

 

出来上がったお弁当をみて、「誰に届けるのかな?」

想像するのが、すごく楽しいお話です。

 

ブブは1軒、2軒と配達をこなしていきます。

なんだか、みんな不思議なお弁当です。

特に最後のお弁当は、誰が食べるのか正解できたら拍手

とっても意外なお客様です。

 

鮮やかな色使いと、細かい描写のイラストは

子どもも、気に入ること間違いなしでしょう。

 

 

 

絵本データ

タイトル はらぺこブブのおべんとう
作者 作・絵:白土あつこ
出版社 ひさかたチャイルド
サイズ 23×21cm
ページ数 40ページ
発行日 2011年02月
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*