こびとの織り成すファンタジーの世界「おたすけこびと」

Pocket
LINEで送る

なかがわちひろさんと、コヨセ・ジュンジさんの

大人気「おたすけこびと」シリーズ第1作。

 

小さなこびとが、大きな仕事をこなします。

仕事には、子ども達を魅了してやまない「はたらく車」が登場!

実は、街中ではなかなか見ることのできない

特殊な車両も活躍しているんですよ!

更に、よくよくイラストを見ると

またまた小さいストーリーが、秘められているのです。

それは、コヨセさんの遊び心。

 

「おたすけこびと」

さあ、ご紹介致します!

 

 

おたすけこびと

 

絵本内容

こびとさんの元に、一本の電話が入りました。

仕事の受注です。

 

「さあ、しごとだ!」

カラフルな衣装に、身を包んだ大勢のこびとさん。

大型重機に乗り込んで、仕事を始めます。

ブルドーザーにショベルカー。

ポンプ車、ダンプカーに、クレーン車。

はたらく車は大活躍。

 

 

運んだり、かき混ぜたりしているモノは

たまごに、バターに、こむぎこ・・・。

 

どうやら、食べ物を作っている様子。

こびとさんにとっては

自分の体より、ずーっと大きなタマゴ。

運ぶのも、割るのも一苦労。

重機を上手く使いこなし、みんなで力を合わせます。

オーブンで生地を焼いて、クリームを塗って。

だんだんと、出来上がってきましたよ。

 

 

最後のしあげは・・・ヘリコプター!

 

 

出来上がったのは・・・。

 

 

 

こびとが、人間用のケーキを作る??

それも、重機を使って??

 

メルヘンと重機の融合した作品は、子どもの目を引くこと間違いなし。

繊細に描かれた重機が、更に想像を掻き立てます。

 

見慣れているタマゴや、イチゴが

こびとさんにとっては、ダンプカーに積み込む程に大きな

そんなファンタジーの世界。

 

 

ところで、沢山のこびとさんが登場しますが

よく出てくる子と、一度きりしか出てこない子など

こびとさんにもストーリーがあったのをご存じですか?

 

ここにコヨセさんのメッセージがあるのです!

逆立ちしている子、転んでいる子、手を振っている子

みんな様々なことをしていますが

特に見つけてもらいたいのが

「地面にお絵かきをしている子」!

 

さあ、この子は何の絵を描いているのでしょう。

どうして地面に描きだしたのかな?

 

メインストーリーの他にも

作者が込めたメッセージや、楽しみ方がある。

絵本の魅力を再発見させてくれる作品です。

 

 

絵本データ

タイトル おたすけこびと
作者 文: なかがわ ちひろ
絵: コヨセ・ジュンジ
出版社 徳間書店
サイズ A4判変型
ページ数 34ページ
発行日 2007年02月15日

 

Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*