力が足りない!助けて! “あなにおちたぞう”

Pocket
LINEで送る

陸上の動物で、最も重いのは何かご存じですか?

 

そう、「象」です。

 

でも、種類によって大きさはだいぶ違います。

「アジアゾウ」であれば、平均体重3000~5000kg

一番大きな「アフリカゾウ」ともなると、平均6000kg~7000kgにもなるのです。

 

本日は、そんな大きな大きな「ぞう」が穴に落ちてしまったお話です。 

 

あなにおちたぞう

 

 

絵本内容

からだの大きな大きな「ぞう」が、穴に落ちてしまいました。

 

 

 

自分では這い上がれない程の、大きく深い穴です。

 

 

それに気づいたサルが、助けてあげようと

ゾウの鼻を引っ張ります。

 

 

ところが、ゾウが重すぎるので、助け出すことができません。

 

その次にやってきたのは、キツネ

サルと力を合わせて、ゾウの鼻を引っ張りますが

やっぱり、とてもじゃないけど無理です。

 

重いゾウを引っ張り上げるには、もっと「ちから」が必要だと

サルキツネは、考えます。

その後、カバサイなど、力自慢の動物達も加勢したので

ようやくゾウは少し、動いたのです!

 

さあ、はたしてゾウは穴から出ることが、できるのでしょうか?!

 

 

体力をつかって、力づくでゾウを助けようとする動物達。

時には、「発想の転換も必要だよ」と、教えてくれる作品です。

最後に登場するのは、「ハチ」

小さな小さなハチに、カバサイのような力はないけれど

ハチには知恵がありました。

ハチは、その知恵を活かすのです。

 

何かに行き詰ってしまった時は、別の視点

別の方法を考えてみると、案外簡単に上手くいくかもしれません。

そんな柔軟性を、常に持ち合わせて過ごしたいものです。

 

 

絵本データ

タイトル あなに おちた ぞう
作者 作:寺村輝夫
絵:村上勉
出版社 偕成社
サイズ 25×21cm
ページ数 40ページ
発行日 1975年12月
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*