地球の息吹を感じる壮大さ「ちいさないのち」

Pocket
LINEで送る

世界最大の珊瑚礁群であるグレートバリアリーフ。

世界最大級の一枚岩ウルル(エアーズロック)。

世界最古の熱帯雨林などスケールの大きな大自然。

地球の息吹を感じる場所として、ハネムーンでも人気が高いオーストラリア。

 

≪ハートリーフ≫

Australiaさん(@australia.jp)がシェアした投稿


≪世界遺産での結婚式≫

参照:https://www.instagram.com

 

 

本日は、そんなオーストラリアを舞台にしたお話の紹介をします。

 

 

ちいさないのち

~最古の大陸、オーストラリア~

 

 

絵本内容

オーストラリアの広大な自然と共に、物語は始まります。

 

 

とおく、とおくの小さなお星さまの上に、朝のひかりがとどきました。

 

そのお星さまは、一本の白い木を育てていました。

「おはよう。」

お星さまは、話しかけました。

「おはよう、お星さま。どうして、ここには、ぼくしかいないの?」

「そうね。きみはひとりぼっちでしたね。

わたしが、おともだちを、たくさんよんできましょう。」

 

 

 

かみなりの神さまが現れ、地面の中の「いのち」を目覚めさせました。

雨が降り、が誕生しました。

 

 

 

そして、が現れ「お星さま」に魔法をかけたのです。

すると、「おともだち」が次々と、白い木の周りに集まってきました。

 

 

 

物語の中の「お星さま」は、オーストラリアの大地(地球)のたとえで

「おともだち」として、オーストラリアの動植物が、写真と共に登場します。

 

作者の相原正明さんは、これらの写真を単に風景としてではなく

地球の素顔として、紹介してくれているのです。

 

「地球がひとつの大きな生命体だ。」

「そこで生きるものは等しく地球の上で暮らす仲間だ。」

メッセージが込められています。

 

まさに、世界最古の大陸オーストラリア

その魅力溢れる大自然の表情を、お楽しみください。

 

絵本データ

タイトル ちいさないのち

~最古の大陸、オーストラリア~

作者 文・写真: 相原 正明
出版社 小学館
サイズ 21×24cm
ページ数 40ページ
発行日 2009年10月16日



 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*