≪おばけだじょ≫ おばけでしょ?

Pocket
LINEで送る

「立体的に見える絵画」や「2種類の絵が見えてくる絵画」など

「トリックアート」または「だまし絵」などと呼ばれている作品があります。

 

 

≪トリックアート≫

視覚における錯覚を利用した作品。

実物の窓や扉があるように描かれた壁画、実際にはありえない立体を描いた絵画など。

参照:コトバンク

 

「トリックアート」という言葉、実は造語で辞書にはのっていないそうです。

その起源は古代ギリシャにさかのぼり、トロンプ・ルイユ(フランス語で目を騙すの意味)と

呼ばれていたものになるのだとか。

 

これらには「遠近法」「陰影法」などの技術や

アイデアが付加されて出来上がっています。

 

ここで、可愛らしい作品を一つご紹介!

 

出典:blogimg.goo.ne.jp

何に見えたでしょうか?

 

外から帰ってきた家族が、ドアを開けてビックリ!!

大きなガイコツ?!?!

 

・・・よく見ると、大きな袋を抱えたサンタさん?なのか

留守番をしていた家族なのか?

どろぼうなのか?

家族は「袋を抱えた人」自体に驚いているのかもしれませんね。(笑)

 

本日紹介するのは、「ある生き物」が、おばけとして登場する絵本です。

だまし絵ではないけれど、おばけに見えてしまいます。

 




おばけだじょ

 

 

絵本紹介

丸くて大きな物体。

「目」かな?

なんだか恐そう~。

 

 

おばけだじょ

 

 

「おばけだじょ」???

あれ?!

やっぱり、おばけなの?

ドロンとした黒い人魂?のような物体。

どう見ても、おばけみたい・・・。

 

 

 

 

たべちゃうじょ

 

 

ギザギザの歯が、更に恐い?!

 

 

 

 

 

ばあっ!

 

 

わぁ~!!

食べられちゃう~・・・???

・・・あれ?

足が生えた???

 

なんだか、どこかで見たことのある姿・・・。

 

 

 

 

この後、自称「おばけ」君は、次々と姿が変わっていきます。

足が生え、手が生え、しっぽが無くなり・・・。

 

あれ?もしかして、あなたは「ケロケロ」と鳴く、あの方では・・・?

 

 

 

「おばけ」?!?!

の不安感、恐怖心から一転、「なぁ~んだ」お馴染みのアレだったのかぁ。

おばけに見えていた恐いものが、よく知っている生き物だったと分かって一安心。

タマゴからかえって、オタマジャクシが変身していたんだね。

 

・・・と、安心するのも束の間。

おばけを装っていた、カエルの背後に忍び寄る大きな黒い影。

わぁ!!

今度こそ本当に、おばけかも?!

 

 

 

 

そんな、ちょっぴりハラハラ、ドッキリ、わはは。の楽しい作品です。

いわゆる「おばけ」が出ずに、「おばけ」みたいな「生き物」ってオチが楽しい。

 

物語の中盤で

おばけを装ったカエルが、画面いっぱいに大きな口を開けて

襲い掛かってくるようなシーンは、特に見所です。

セリフの「ぐわああぁ」と言いながら

子ども達に、本を近づけてあげると

「きゃぁ~!!」と歓喜の声を出すことでしょう。

 

 

絵本データ

タイトル おばけだじょ
作者 ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社 学研
サイズ 27cm
ページ数 24ページ
発行日 2015年07月

 




Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*