大自然の中【たのしいたのしい キャンプ くまたんのはじめてシリーズ】

Pocket
LINEで送る

「キャンプ」と言えば、任天堂が開発・発売しているコンピュータゲームシリーズ

「どうぶつの森」でもキャンプ場バージョンが、配信されましたね。

公式サイト

女の子にとっては、おしゃれを楽しめるところもポイントです♪

さて「キャンプ」の雰囲気、ゲームで体験するのは、簡単だけど

現実で行く場合は、どうなのでしょう?

本日は、「キャンプ」のイメージが湧く「たのしいたのしいキャンプ」

くまたんのはじめてシリーズの絵本を紹介させていただきます!(^^)!




たのしい たのしい キャンプ

くまたんの はじめて シリーズ

 

 

絵本内容

こぐまのくまたんが、家族みんなでキャンプに行きます!

キャンプには、何を持っていくんだろう?

 

 

テントに、寝袋、食料に食器、懐中電灯。

ランプに、着替え、トイレットペーパーに地図。

必要なものは、た~くさんあります!

荷物を、全部リュックに詰め込んで

さあ、しゅっぱつ!

みんなで、自然に囲まれた山を登ります。

かわいい蝶々に、きれいなお花。

「とらないで そっと しておいて あげましょうね。」

自然を大切にする、ママの一言も見逃せません。

目的地に到着すると

早速、テント張り。

トイレのテントも作るあたり、とてもリアリティがあります。

 

 

魚を釣ったり、キノコを採ったり

自然の恩恵を受け、

川遊びや、バードウオッチングで、

思い思いに、ゆったりとした時間を過ごします。

 

 

夜ごはんは、みんなが大好きカレーライス。

お手製の調理棚や、食卓で

山の中とは思えない、豪華な団らんを過ごします。

さあ、キャンプもクライマックス。

くまたん家族は、自然の中でどんな夜を

過ごすのでしょうか。

 

 

キャンプの醍醐味と言えば、美しい豊かな自然との出会い。

木々の織り成す緑の輝き、川のせせらぎ。

可憐な花に癒され、小鳥の声に心が和む。

余計な雑音もない、マイナスイオンたっぷりの美味しい空気。

 

そんな山の中から見る景色は

どの時間帯でも美しく、感動を与えてくれます。

 

キャンプ日常を離れて、日常的なことを改めて考える機会もくれます。

いつもの「食べる」という行為。

山の中では、火を直につかいます。

火は、薪が必要です。

薪は、自分達で集めて来たりもします。

ボタンひとつや、スイッチひとつ

そんな簡単なものではありません。

 

夜になったら、ランプを灯し

寝るためには、テント。

食事や調理の為の台も、作らなくてはありません。

トイレも、いつもの水洗トイレとは、いきません。

 

いつもと勝手が違う、日常的な食事やトイレをすることで

普段の生活に、有難みを感じる良い機会でもあるかと思います。

くまたん家族は、ほのぼのと、そして本格的にキャンプの楽しさを教えてくれます。

 

 

ご参考になりましたら、クリックをお願いします!

人気ブログランキング

絵本データ

タイトル くまたんのたのしいたのしいキャンプ (くまたんのはじめてシリーズ)
作者 長野博一
出版社 小峰書店
サイズ 25cm
ページ数
発行日 1988/06

 




FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*