朝の時間のつかい方

Pocket
LINEで送る

トゥーリの日課は、早朝の読書。

 

朝の読書には利点があります。

それは、その日一日は特に、本の内容がちょこちょこと、頭の中を駆け巡るからです。

 

本はせっかく読んでも、何もしないでいると

ほとんどの内容を、忘れてしまいがちです。

忘れてしまわない為にも、いかにアウトプットするかが勝負!

(そのタイムリミットは、48時間以内が良いと言われています。)

 

 

朝は思考能力も高く、体も活発に動くことから

早起きの習慣を、取り入れているという成功者も多く存在します。

 

スティーブ・ジョブズ(アップル 社の共同設立者の一人)

ティム・クック(アップルの最高経営責任者(CEO))

ハワード・シュルツ(スターバックスコーポレーションの会長兼社長兼最高経営責任者)

リチャード・ブランソン(コングロマリット、ヴァージン・ グループの創設者)

トーマス・アルバ・エジソン(アメリカの発明家)

ナポレオン・ボナパルト(革命期のフランスの軍人・政治家)

野口英世(日本の細菌学者)

ハインリヒ・シュリーマン(ドイツの考古学者)

 

など、歴史上でも

早起きの習慣をしていた人物が、語られています。

アメリカのデューク大学心理学・行動経済学のダン・アリエリー氏は

朝、完全に目覚めてからの、2時間が「最も生産的な時間」であり

この貴重な時間を、高度な認知能力を要する仕事に使うべき

と言っているそうです。

 

「有意義な一日を過ごせるかどうか」

それも、朝の時間の使い方次第!

さあ、早起きの習慣をつけてみませんか。

Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*