リーダーシップを学ぶ?! “ちいさいしょうぼうじどうしゃ”

Pocket
LINEで送る

「智」「信」「仁」「勇」「厳」

 

これはリーダーに必要な資質として、軍事思想家孫武が挙げたものです。

智は知力。信は信頼。仁は仁徳。勇は勇気。厳は威厳です。

知識だけではなく先見の明、洞察力、判断力を兼ね備え、

義理人情に厚く、信頼関係の下に人望を集め、そして勇気を持った威厳のある姿こそ

歴史を超えて、求められる「統率者」「リーダー」なのです。

孫武:孫 武(そん ぶ 紀元前535年? – 没年不詳)は、中国古代・春秋時代の武将・軍事思想家。兵法書『孫子』の作者とされており、兵家の代表的人物。斉国出身。字は長卿。孫臏の先祖。「孫子」は尊称である。

参照:wikipedia

「リーダーシップ」を学ぶ研修や、セミナーなども多くありますが

小さい頃から、理想の統率者をイメージできたら尚良いかもしれません。

さあ、本日はリーダーとして部下を引っ張る消防士、スモールさんのお話です。

スモールさんのリーダーの姿は、どんなものでしょう!



ちいさいしょうぼうじどうしゃ

(世界傑作絵本シリーズ)

≪スモールさんの絵本≫シリーズ。

今回は消防士のお仕事です。

 

 

絵本紹介

スモールさんと ちいさい しょうぼうじどうしゃは

いつも しょうぼうしょに たいき しています。

 

 

ちいさい しょうぼうじどうしゃは ポンプしゃです。

 

 

 

消防車には、色んな設備があります。

水の吸い込み口や、放水口。サイレンに鐘。

どれもこれも、大切な役目を果たす道具です。

 

 

突然、家事を知らせるベルが鳴りました。

スモールさんは飛び起き、大急ぎで準備を始めます。

 

消防自動車で駆けつけると、家事で住民は大慌て。

さあ、ここからスモールさんの活躍が始まります!

 

状況を判断し、迅速に動くスモールさん。

部下への的確な指示、勇敢な救出劇。

 

消防士のお仕事を子ども向けに、適度な詳しさで描かれている絵本です。

一つ一つの道具を見てみるのも楽しく、住民を守る仕事の流れも分かります。

家事の緊迫感に、ハラハラしながらも

勇敢で、冷静なスモールさんの凛々しさに、憧れてしまうことでしょう。

 

 

 

絵本データ

タイトル ちいさいしょうぼうじどうしゃ (世界傑作絵本シリーズ)
作者 ロイス・レンスキー 文・絵 / 渡辺 茂男 訳
出版社 福音館書店
サイズ 19×21cm
ページ数  48ページ
発行日 1970年11月01日




FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*