現実の家よりオシャレ?! “人形の家にすんでいたネズミ一家のおはなし”

Pocket
LINEで送る

お人形遊びをした小さい頃。

「この家の中に入ってみたいなぁ♪」などと、思ったことはありませんか?

お人形の家は、小さいながらも本物のような生活用品が整い

カラフルで可愛らしく、夢が広がる空間です。

そんなお人形の家は、飾っているだけでも

気分がウキウキするインテリアになります。

参照:https://ja.aliexpress.com

 

本日は、そんな人形のお家にこっそりと暮らす、ネズミ一家のお話です。




人形の家にすんでいたネズミ一家のおはなし

「くまのパディントン」で知られる、マイケル・ボンドの文章に

エミリー・サットンが絵を添えた作品です。

何度読んでも、すみずみまで楽しめる、英国の香り溢れる絵本。

 

絵本紹介

ペックさんのネズミ一家は、大きなお屋敷にある人形の家で暮らしていました。

 

 

ペックさんには奥さんと、13匹の子ども達がいました。

 

 

人形の家は広くて綺麗で、とっても快適な空間でした。

寝心地の良いベッド、子ども達が遊べる部屋、食べ物に溢れる食べ物置き場。

ネズミ一家は、幸せに暮らしていました。

 

ところが、ある朝

変な、においで皆目が覚めます。

 

においの正体は、ペンキでした。

どうやら、お屋敷に住む伯爵が家中のリフォームを始めたようです。

人形の家がだんだんと、みすぼらしく見えてくるにつれて

ネズミ達は不安になります。

「この家がなくなってしまったら、どうしよう」と。

ペックさん一家の暮らしは、どうなってしまうのでしょう・・・!!

 

 

幸せな時も、苦しい時も、家族で肩を寄せ合い仲良しな一家。

細やかなイラストが、文章にない物語も語っているようで、深みのある絵本です。

(@⌒ー⌒@)

 

 

絵本データ

タイトル 人形の家にすんでいたネズミ一家のおはなし
作者 文: マイケル・ボンド
絵: エミリー・サットン
訳: 早川敦子
出版社 徳間書店
サイズ 30cm
ページ数  32ページ
発行日 2016年11月12日

 




Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*