遠足に来た二匹が見つけた物とは?! “ぐりとぐらのえんそく”

Pocket
LINEで送る

 

「春の遠足」

子どもにとっては、楽しみの行事の1つでもありますね!

お友達と手を繋いで歩いたり、バスや電車での移動もあるかもしれません。

いつもと違った場所に出向いて、色々なものをみるのも楽しいけれど

何と言っても、メインは「お弁当」☆^(o≧▽゚)o

 

お子さんは、どんなお弁当が好みですか?

女の子であれば、可愛さ重視の子、

男の子であれば、食べやすさ重視の子が多いようです。

 

「食べやすさ」を考えるなら

・主食はおにぎりや、サンドイッチなど手で持って食べられるもの

・おかずは、フォーク一刺し、一口で食べられるもの

などが、オススメです(@⌒ο⌒@)b 

本日は、絵本界で最も有名な、2匹のねずみ達の遠足のお話です。




ぐりとぐらのえんそく

ふたごの野ねずみ「ぐり」「ぐら」

今回は「遠足」に出かけます。

 

 

あらすじ

 

ぐりぐらは、野原へ遠足にやってました。

 

 

二匹は、歌いながら林を抜けます。

 

 

 

何と言っても楽しみは「お弁当」

時間を確認してみると、やっと10時。

お昼までは、まだ時間があります。

 

 

 

「それじゃ たいそうしようか」

 

そう言って、体操を始めた二匹。

でも、まだお昼にはなりません。

 

そこで二匹は、マラソンを始めます。

 

♬ はしれ はしれ ぐりとぐら

いばら くものす なんのその ♬

 

すると、突然「何か」が、二匹の足に絡まったのです!

 

すってんころりん!!

 

なんでしょう?!

一体全体、突然!

二匹は、その正体を調べ始めます。

さあ、二匹の遠足はどんな展開になるのでしょう?

 

 

トレードマークの、赤と青の帽子とつなぎで、今日も元気に走り回る二匹。

目覚ましで、お弁当時間をセットして、楽しみに待つ二匹が可愛らしい。

思わぬお友達の参加も、話をさらに、ほんわかにしてくれて

読んでいて心地良い「遠足」です。

 

 

 

 

絵本データ

タイトル ぐりとぐらのえんそく
作者 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子
出版社 福音館書店
サイズ 20×27cm
ページ数  32ページ
発行日 1983年03月05日

 




FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*