勉強もスムーズに?!「記憶」を定着させるポイントとは?

Pocket
LINEで送る

オッツオ
お、ウッコ。
テストの調子はどうだ?
ウッコ
あぁ・・
いや、ダメだね。
勉強しても、すぐ忘れてしまうんだよ。
オッツオ
うむ・・・。
それは、覚え方を変えてみるというのはどうだろうか?
ウッコ
覚え方??

 

記憶のメカニズム

オッツオ

「記憶」というメカニズムは、学習心理学の分野で数多くの
研究がなされてきました。

さあ、記憶のメカニズムを知り、知識の定着に生かしていきましょう!

 

記憶の過程

私達の「記憶」は、3つの過程からなっています。

①記銘(コード化)

②保持(保存)

③再生(検索)

第一過程 記銘(コード化) 情報をキャッチする
第二過程 保持(保存) 記憶を定着させる
第三過程 再生(検索) 記憶を蘇らせる
オッツオ

まず、第一過程の「記銘」。
この段階では情報の重要度、高感度によって
記銘の成功率が変化する。

ウッコ
好感度?!
オッツオ

そうだ。
例えば、嫌々勉強しているのか、
楽しみながらやっているのか。

ウッコ
ガガーン・・!!!

 

「短期記憶」と「長期記憶」

オッツオ

次に、第二段階の「保持」では、リハーサルというものが
大事になってくる。

「リハーサル」とは、繰り返して記憶の定着を図ること。

リハーサルを行うことで、すぐに忘れてしまう「短期記憶」から

長い期間記憶が定着する「長期記憶」へ情報が移りやすくなるのです。

学習面では、「長期記憶」が大事になります。

いつでも記憶を蘇らせ、アウトプットすることが可能だからです。

 

 

「長期記憶」として定着させるためのポイント

①ある程度の期間を置いて、まめに何度も反復すること

②何か動作をしながら、関連させて覚える

ウッコ
動作?
オッツオ

そうだ。例えば「書いて覚える」「音読して覚える」などだ。

 

 

まとめ

私たちは、努力なしにすべてのものを完璧に記憶することは

なかなかできません。

記憶の定着・維持のためには、何度も復習し記銘し直すことなのです。

それに「すきこそもののじょうずなれ」という言葉があるように

好きなものは特に、覚えが早くなります。

オッツオ

何事も楽しんでやれるかどうかも、大きなポイントですね!

ウッコ
勉強を楽しく・・・。

 

Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*