こんなサツマイモ料理はいかが? ≪ぎょうれつのできるレストラン≫

Pocket
LINEで送る

 

トゥーリ

本日は、おいも料理が大集結!

抗酸化作用があり、
美肌効果も期待できるサツマイモは
お料理のレパートリーも沢山あります!

 

クレソンとさつまいもの豚肉巻き焼き

さつまいもとほろ苦クレソンの相性抜群

 

 

さつまいもと豆乳のチャウダー

具だくさんで主菜にも

 

 

さつまいもとにんじんのサラダ

たっぷり加えたレーズンや松の実がアクセント

参照:kikkoman

オッツオ
美味しくて栄養価の高いサツマイモ料理、
まだまだ続きます~♪




ぎょうれつのできるレストラン

ぎょうれつのできる おいしい絵本シリーズ

 

 

あらすじ

お話の主人公は、まだ空も飛べない小さなフクロウの子ども、「ポー」です。

ポーの夢は、コックさんになることでした。

 

 

 

ポーお父さんと、お母さんはレストランを経営しています。

場所は、ぐうぐう山のてっぺん、高~い木の上です。

 

 

 

鳥達に大人気のレストラン。

今日も、渡り鳥さん達のお別れ会で大忙し。

 

 

 

「ぼくにも おりょうり つくらせて!」

 

ポーは、お父さんお母さんにそう頼んでみますが

笑いながら、断られてしまいます。

お父さんお母さんは、まだ小さいポーには

お料理はできないと、思っていたのでした。

 

「ぼく もう おおきいもん。おつかいだって いけるよ!」

 

ポーはそう言って、ひとりで屋根の上で羽をパタパタ。

すると、ひゅうっと吹いてきた風にあおられ・・・・。

 

ぽすん、ぽすん、と地面の上まで落ちてしまったのでした!

 

ポーが落ちてしまったことに、誰も気が付いていません。

さあ、ポーはどうするのでしょう?

 

 

感想・ネタばれ

見上げても見えないくらい、高~い場所のレストラン。

地面に落ちてしまったポーは、慌てて戻ろうとしますが、木を登ることができません。

 

ふと、近くにいたモグラさんと知り合い

お料理ができなくて、困っていたモグラさんを助けるポー

 

そう、お父さんお母さんのお料理を、いつも見ていたポー

もうちゃんと立派に、お料理ができたのです!

 

森の中に、良いにおいが漂い、動物達が集まってきました。

さあ、モグラさんの「おいもや」さんがオープンしました。

 

 

と、そのころ

空の上では、レストランで食事をしていた渡り鳥さん達が旅立ち

お父さんお母さんが、ポーが居ないことに気が付きます。

 

 

木の下から賑やかな声が聞こえるので、行ってみると

そこには、大勢の動物達にお料理を振る舞うポーの姿が。

 

 

見つけたは良いものの、どうやってお家に戻ろうか・・・。

 

すると、悲しむポーの姿をみた動物達が

「おいしい おいもりょうりの おれいだよ!」

木の上まで、階段を作ってくれたのでした。

 

 

それからというもの

その階段を使い、レストランは動物達でも大賑わい。

今日もポーは、ぎょうれつのできるレストランで、立派にコックさんをしていますよ。

 

 

アニメーションのように鮮やかで、立体感のある絵。

お料理も本物のように、美味しそう。

 

見どころは、ポーモグラさんと出会ったことで

料理の腕を開花させるところです。

スイートポテトに、おいものグラタン、おいものカップケーキ、

おいものタルトに大学芋。

サツマイモ料理がこれでもか、というほど並びます。

具材や焼き加減まで、丁寧に描かれたお料理は

どれを食べたいか、悩むのも楽しい♪

 

ポーもコックとして働けるようになり、空を飛べない動物もレストランに行けるようになって

ハッピーエンドのお話です。( *´艸`)

 

絵本データ

タイトル ぎょうれつのできるレストラン
作者 ふくざわゆみこ・作/絵
出版社 教育画劇
サイズ 264mm×214mm
ページ数  32ページ
発行日 2016年3月12日

 




 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*