お父さんとの遊びのヒントが詰まった ≪おとうさん もういっかい≫

Pocket
LINEで送る

ツーリッキ

世のお父様方、子育てには

ちゃんと参加していますか?

オッツオ
ギクッ!!

トゥーリ

6歳未満の子どもを持つ父親の
家事・育児に費やす時間は

わずか1時間ほど、という
政府の調査結果もあるようです。

 

6歳未満の子供を持つ夫の家事・育児関連時間(1日当たり・国際比較)

参照:内閣府/夫の協力

 

トゥーリ

残念ながら、日本のパパさん達の育児・家事への
協力時間は、先進国の中で最低の水準なのです。

就労時間の長さなど、気持ちだけでは
なかなか解決できない問題も、
あると思います。

他に、少なくない意見としては、こんな意見も。

 

オッツオ

遊び方が分からなくて・・・(∩。∩;)ゞ

トゥーリ

育児に関しては、
お父さんならではの遊び」というものも
沢山あります。

昆虫採集や魚釣り、アウトドアなどは
男性の方が得意分野なのでは、ないでしょうか。

 

ばぁば様
本日は、
家の中でも楽しめる遊びが描かれた
父と子のお話の紹介ですよ。




おとうさん もういっかい たかいたかい

お父さんの子育てを応援するシリーズ第一冊目

 

絵本紹介

「おとうさん あそぼう!」

 

子どもは、お父さんと遊ぶのが大好き!

さあ、今日はお父さんと何をしよう♪

 

 

 

あそぼう あそぼう!

おはなの ボタンを おすと うごくよ。

 

ほうら、ピッ!

 

ボタンを押すと、お父さんの“たかいたかい”が、始まりました。

 

たかい たかい!

 

もう一度やりたい時は、また鼻をピッ!

 

グイーン あがりました。

たかい たかい!

 

おや、今度は横にも動き出しましたよ・・・。

 

 

感想・ネタばれ

お父さんと子どもが遊ぶ、ヒントがたくさん詰まった

「おとうさんもういっかい」シリーズ。

 

子どもを持ち上げたり、肩車をしたり、こういった大胆に体を使った遊びは

やっぱり、力のあるお父さんとが楽しいものです。

 

鼻のボタンを押して、遊び始めるのは

ごっこ遊びにもなりますね。

お父さんはロボットだったり、電動遊具のようであったり。

 

体を持ち上げて遊んでもらえるのは、小さな子どもの特権でもあります。

それを、大好きなお父さんにしてもらえることで

さらに、信頼を深めることにもなります。

 

途中、再び鼻のボタンを押すと、お父さんは「せいたかロボット」に

変身したりもします。

 

 

背が高くなった子どもは、冷蔵庫の上から美味しそうなものを発見。

「ぱくっ!」

 

「おとうさんにも ぱく。」

と、上からお父さんを覗き込んで、食べさせる姿も可愛らしい。

読んでいるこちらも、楽しくなってくる絵本です。

 

最後は、お父さんの一言で、お話はおしまい。

「もう、いっかい。」

 

 

 

絵本データ

タイトル おとうさんもういっかい 1 たかいたかい
作者 はたこうしろう/作
出版社 アリス館
サイズ 20cm×19cm
ページ数  24ページ
発行日 2013年6月 3日




 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*