アメリカ Society of lllustrators 銀賞作品 ≪あめ ぽぽぽ≫

Pocket
LINEで送る

トゥーリ

雨かぁ・・・。

やっぱり、私の長靴もあった方がいいなぁ。

ウッコ
夏だから、サンダルで良くね?

見て!オレのサンダル♪

トゥーリ

!!

トゥーリ

それサンダルなの?!

ウッコ
良いよね、これ!

めでたい感じで、赤にしとく?

トゥーリ

いや・・・私は・・・

ウッコ
他にもあるで!

ウッコ
気になる人は

コッソリこちらを!

☟☟☟


 

 

トゥーリ

・・・さ!

気を取り直して

本日は
雨粒からの語りを、詩にしたような
優しい絵本の紹介です。




あめ ぽぽぽ

(はじめてであうえほんシリーズ)

ある雨の日、ぼくはママといっしょに公園に出かけます。
ぽぽぽ、さあさあ、ぴとぴと、じゃくじゃく、きらきら…など、歌人・東直子がつむぐ、リズミカルに光る言葉の数々。
子どもも大人も心地よくなる、雨粒が語りかけてくる絵本です。
画は世界的に活躍中のイラストレーター、木内達郎。
本作品のイラストは、アメリカ・Society of Illustrators2009年書籍部門で銀賞を受賞しました。

参照:くもん出版

 

絵本紹介

淡い虹色の雨粒くん。

いつも空から落ちてくるのは、君たちなんだね。

 

色んな音がする。

ぴと ぴと・・・さあ さあ・・・ぽ ぽ ぽ・・・

 

さあ、雨粒達のコーラスに耳を傾けてみませんか?

 

 

ぴと ぴと ぽとん

 

あ あめ ふってきた

ぴと ぴと ぴと ぴと

 

 

 

すい すい すい すい

ママの スリッパの あしおと

おでかけ しようか

 

 

 

「僕」は、レインコートを着て、ママと外に出かけました。

雨が降っています。

冷たい雨が、さあさあと。

 

カサに雨が当たり、跳ねる。

地面が光り、水たまりができる。

静かに、そして軽やかに雨の風景が、続いていきます。

 

 

感想・ネタばれ

親しみを覚える、顔のついた虹色の雨粒たち。

見上げた空から降り注ぐ姿は、満点の星空のよう。

 

雨の降る様子、歩く姿、光が輝く景色などが

綺麗な音色として響きます。

 

普段は、何かと不便に感じる雨の日ですが

こんな雨の中なら、お出かけも楽しそう。

「雨粒」は、こんなにも沢山の表情を持っているのですね。

「雨」そして「自然」を見つめなおす心を、教わったような気がします。

 

 

絵本データ

タイトル あめ ぽぽぽ (はじめてであうえほんシリーズ)
作者

さく:ひがしなおこ

え:きうちたつろう

出版社 くもん出版
サイズ 縦18.8×横18.8×厚さ1.0cm
ページ数  24ページ
発行日 2009年 05月

 




 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*