自己肯定感が高まる!ほめ方叱り方|こどもにうまく伝えるには

Pocket
LINEで送る

「ほめる」とは、子どもを評価することではありません。
子どものがんばり、成長を見つけて、その喜びを伝えていくことです。  
「叱る」とは、子どもに腹を立てることではありません。
子どもが、自分も他人も大切にできるように、1つづつ教えていくことです。

参照:子育てハッピーアドバイス大好きが伝わるほめ方叱り方/明橋大二

子育ての中で必要になる「ほめる」「叱る」
この2つは、「自己肯定感を高める」ように行うことが良いそうです。

自己肯定感とは

「自分は大切な存在だ」「自分は必要な人間だ」という気持ちのこと。

自己肯定感が高いと、人生に幸せを感じることができます。  

 

自己肯定感が高い人と低い人の違い

  高い 低い
失敗した時 自分の存在を否定することなく 前向きに次の機会への努力ができる やっぱり自分はダメなんだ 存在価値がないんだと自己否定する
怒られた時 自分のために叱ってくれたんだと 意見を素直に歓迎する 自己否定や拒否などをし 注意がちゃんと入らない
褒められた時 素直に喜び相手に感謝する 疑いや不安を抱き 素直に喜ばない

 

自己肯定感が高いと、自分のことを大切にできるんですね。

自己肯定感は、すべての土台と言えるでしょう。    

「叱り方」のポイントとしては、

感情的にはならずに ちゃんと理由を説明してあげる、ことだそうです。  

我が家には、車通りの多い狭い道でも、
ひとりで突っ走る2歳児がいます。

いつも手を繋ごうにも嫌がり振り切って、駆け出していくのです。

ある日、まだ2歳半の子に説明しても分かるのやら?と思いながら

試しに、こう話してみました。  

「ここは車が多くて、危ない道でしょう?

もし、あなたがケガしたら、ママ悲しいから、手を繋いでくれる?」

すると 「良いよ!」 と、すんなりと手を繋いで、歩いてくれたのです!

Σ(゚д゚;) 

  こんな小さくても、ちゃんと伝わるものなのだと、そりゃぁ感心致しました。

それから、なるべく「自己肯定感」というものを念頭に置き

何かあると「どうして欲しいのだろう?」と、考えるようにしました。

  「どうして欲しいのだろう?」と考えると、

共感傾聴理解がしてあげやすいからです。

 

「自己肯定感」は、子どもだけではなく 大人にとっても大切な気持ちで、

必要とするものです。

好きな人には、 「自分の良いところも、悪いところも、まるごと全部受け止めてほしい!」

思いませんか?

 

タルヴィッキ

(私はそう主人に押し付けてます(笑)

何もかも受け止めてもらえると、自己肯定感が高まるからなのです。    

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る