1歳におすすめ|花火の絵本|≪はなびドーン≫

Pocket
LINEで送る

とことこと、歩き始める1歳前後の子には

硬い厚紙で出来た、シンプルな赤ちゃん絵本から、ちょっと進んで

こんな絵本は、いかがでしょう。

トゥーリ
童心社の
とことこ絵本を紹介します。

 

とことこ歩きはじめた子どもたちに。絵本の入り口にぴったり!

童心社

あかちゃんの言葉は、ふしぎな言葉。まるで命の音楽のよう。
「まんまん ぱっ!」「ぱいぱい ぐる〜ん」「ころころころころ ぽぽぽぽぽん!」
赤ちゃんの発音しやすい音とともに、カラフルで抽象的な絵があかちゃんの興味を誘います。

参照:童心社

 

「なーんだなんだ」歌のような言葉とともに、ゆっくりパンダがでてきます。
ゆったりしたリズムがここちよい1冊。

参照:童心社

 

しっぽのあるバス停に……チューチュー ねずみさんのバスがやってきました!
 お耳のあるバス停は? たてがみのあるバス停は? 
あかちゃんがだいすきなのりもの、どうぶつが大集合!

参照:童心社

ヴィリヨ
みたい!みたい!٩(๑•̀ω•́๑)۶

トゥーリ
歩きはじめの赤ちゃんが
興味を示しそうな絵本は
まだまだあります!

本日は、とことこ絵本の中から
「花火」を題材にしたこちらをどうぞ!




はなび ドーン

とことこ歩きはじめた、子どもたちにぴったりの、とことこえほん

 

 

絵本紹介

 

 

夜空にうかびあがる、色鮮やかな花火。

小さいの、大きいの、赤いの、黄色いの、まるいの、星形の…。

「ドーン」など様々な音といっしょにはじける花火に、心も明るくなります。

色、音、形が楽しいあかちゃん絵本。

参照:https://www.doshinsha.co.jp/search/info.php?isbn=9784494001774

 

 

感想・ネタばれ

シンプルに「花火」を楽しむ絵本です。

暗い夜空に光る、色鮮やかな大輪の花。

あの「花火」を見上げた時の感動は、長い文章がなくても十分。

 

登場人物もなく、ストーリーがあるわけでもない

ただ花火の効果音と、打ちあがる様子が繰り返されるだけの絵本ですが

小さな子の心をぎゅっ♡と、掴んでくれます。

美しいイラストは、部屋のインテリアとしても飾りたくなるほど。

ヴィリヨ
これ

おもしろい∩(´∀`)∩

シューッ

 

「シュー」「シュー」というシンプルな表現は

小さな子どもに分かりやすく、そして言いやすい。

ついつい、「シュー」と言ってしまうことでしょう。

 

飛び上がる花火の玉は、次の展開を期待させます。

 

 

 

ドーン

夜空に打ちあがった花火は、この上なくきらびやか。

知っている形も、ほら、ちらほら混ざっていませんか?

 

「花火って綺麗だね」

「花火って楽しいね」

 

そんな印象を与えてくれます。

 

花火を見に行く前に読んでも、見てきた想い出に振り返って読んでも

「花火」を楽しみたい時に、いかがでしょう。

 

絵本データ

タイトル はなび ドーン (とことこえほん)
作者 カズコ G・ストーン
出版社 童心社
サイズ B5変型判/サイズ:21×18.7cm
ページ数  24ページ
発行日 2012年6月20日

 




 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*