英語は身体を使って覚えよう「英語学習にはリズムを!」

Pocket
LINEで送る

ばぁば様

国語学習や英語学習の「身体性」について

さかんに述べているのが

「声にだして読みたい日本語」

「身体を揺さぶる英語入門」等を書いた

齋藤孝氏です。

 

 

齋藤孝氏の理論

・英語は座って読み上げるよりも、歩きながら声に出す方が朗読しやすい

・まずは立ち上がって意識を深め、元気よく声を出す。そして大量の反復を行う

・英文の場合、あまりにもゆっくり読み過ぎると、感情移入がしにくい。
 ある程度アップテンポで流れよくひとまとまりに言うことで、感情の流れも表現できる

 

など、「子どもは身体を使って学ぶ」ことについて

数々の理論を述べています。

 

 

松香洋子さんの実践

齋藤孝氏の理論ついて、松香洋子さんも同意見だそうで

身体を使って英語を学ぶ実践を、20年以上行ってきたそうです。

 

そして松香洋子さんが行き着いた、児童英語教育は以下のような内容です。

 

・なんでもリズムにのせる

・なんでも意味を表すための振りを付ける

 

なぜなら子どもは、はじめは字が読めないので、音声英語を学ぶ。

そして子どもは本能的に身体を使って学ぶので、音楽やリズムを使って

スウィングするように英語を教えるのが自然。

参照:発想転換の子ども英語/松香洋子

ばぁば様

机上でも、目で見て声に出し耳で聞きながら、学習を進めるのは基本ですが

身体を総動員させて覚える方が、更にのみ込みが良いのでしょうね。

 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*