ラオスのことを学ぼう|写真絵本|ナショナルジオグラフィック世界の国

Pocket
LINEで送る

ヴィリヨ
かわいい!
オッツオ
これは、レッサーパンダという

動物だよ。

かわいいね。

ヴィリヨ
いい子、いい子、したい!

どこにいるの?

オッツオ
動物園でも見れるけど

住んでる国は、

インド、中華人民共和国、ネパール、ブータン、ミャンマ、ラオスだそうだよ。

ラオスには、日本にはいない生き物も色々いるよ。

見てみるかい?

ヴィリヨ
みる!みる!

みるー!




ラオス
(ナショナルジオグラフィック世界の国)

 

絵本紹介

 

目次

オッツオ
目次は大きく分けると

このような内容です。

地理

自然

歴史

人と文化

政治と経済

 

 

ラオスの土地には、何千年も前から人が住んでいた。

「ラオス」がつくられたのは、1353年。

 

 

ラオスには、住む人々の生命線とも言える大きな川がある。

それは、メコン川。全長は4,100㎞。

オッツオ
ちなみに、日本で一番長い信濃川は

367㎞です。

 

 

ラオスは熱帯の地域で、雨も多い。

隣接国は、ミャンマー、カンボジア、中華人民共和国

タイ、ベトナム。

 

 

感想・ネタばれ

オッツオ
豊かな自然が多い、ラオスには

日本では見られない生き物も、多く生息しています。

ヴィリヨ
これ、

ちょわい!

(こわい!)

 

レッザーパンダ、トラ、ウンピョウ、

スナドリネコ、スローロリスなど。

 

そして、日常生活の中に「ヘビ」がいる。

危険なキングコブラモ。

 

 

ヴィリヨ
これは、

かわいいね!

メコン川の南の方では、カワゴンドウも見られる。

ラオスの人々は、カワゴンドウのことを「死んだ人の霊」だと

信じている。

なので、ラオスの人が唯一食べない動物だと言われる。

 

 

 

メコン川では、砂金の採取も行われている。

他に栽培されているものは、トウモロコシ、小麦、

キャッサバ、大豆、綿花、茶、コーヒー、香辛料などがある。

 

オッツオ
ただ、作物を育てるのに適した土地は少なく

ラオスの農民は、国土全体の10%の土地で

作物を育て、生活しているそうです。

 

ラオスでは、国民の三分の一が、支援なしには生活できない現状で

貧しいイメージが拭えない国ではありますが

国民の生活は、よくなってきています。

 

貿易が増大してきていること、鉄道の建設が始まったこと

ダム建設の技術が進歩したことなどが、生活を近代的に変えてきているようです。

それでも、学校に通えない子どもは、まだ多くいます。

6歳から14歳までの子どもは

義務教育を受けることに、なっていますが

日本のそれと比べると、あまり実現化されていません。

 

すべての国が、豊かに平和になってほしいと願う一方

まだ、そこまでの道のりが長い国があることも

知っていきたい現実です。

 

大人でも為になることが、たくさん書かれた絵本です。

美しい写真が多いので、幼児でも興味をもって

自分の住む国とは違う、他国のことを知る良い機会になると思います。

オッツオ

経済的資産でもある、森や川を守りながら、

経済成長の促進に励む国「ラオス」の、お話でした。

 

 

絵本データ

タイトル ラオス|ナショナルジオグラフィック 世界の国
作者 A・カマラ・ダラル 著 / M・スチュワート・フォックス 監修
出版社 ほるぷ出版
サイズ A4変
ページ数  64ページ
発行日 2010/7/1

 




 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*