昔話英語絵本|Kintaro きんたろう「はじめてのめいさくえほん」

Pocket
LINEで送る

オッツオ
本日は、昔話でお馴染み

「きんたろう」のお話です。

トゥーリ
金太郎と言えば、金太郎飴も有名ですが

「金太郎飴本店」さんでは

オリジナル「金太郎飴」を作ってもらうことも

できるようです。

参照:金太郎飴本店

オッツオ
これは、良いね~。

今度お願いしようか(๑•̀ㅂ•́)و✧




Kintaro きんたろう

昔話の名作「きんたろう」

 

 

絵本紹介

むかし、むかし。

あしがら山の山奥に「きんたろう」という

男の子が住んでいました。

 

 

きんたろうは、とても力持ち。

そして、とても心の優しい男の子でした。

 

 

山の動物達のお世話も、よくしていたきんたろう

動物達の人気者でした。

 

 

 

感想・ネタばれ

ある日、きんたろう

動物達と遠くの山へ、向かっていると

いつも谷にかかっていた、橋がありません。

 

きんたろうは、そばの大きな木を倒すと

あっという間に、橋を作ってしまいました。

 

 

 

毎日、山の動物達と仲良く育ってきたきんたろう

後に「さかたのきんとき」という、立派なお侍になりましたとさ。

 

トゥーリ
優しくて力強いきんたろう

将来も楽しみですね!

さて、今回はこちらのフレーズを

みてみましょう。

 

When they got to the gorge,the bridge was missing.

“Oh,no.”

“We can’t cross the gorge.”

 

“It’s okay.Leave it to me.”

すると、いつも谷にかかっている橋がありません。
「あれ?こまったねぇ」
「これじゃ渡れないや」

「だいじょうぶ。おいらに任せて」

Leave it to me. = 私に任せて
オッツオ
Leave it to me!

良いね!

さっそく覚えよう。

トゥーリ
頼もしいフレーズですね。

きんたろう、さすが!

 

長く親しまれている昔話「きんたろう」

改めて読むと、シンプルな話の中に

人の理想とも言える「力持ちで心優しい」人柄が

うまく描かれています。

 

傷ついた人が居れば助け、問題が起きれば即座に対応し

普段は和気あいあいと、仲間と過ごす。

言葉にしてしまうと、簡単なようにも感じますが

迷いもためらいもなく、どれだけ純粋に、こんな行動ができることでしょう。

大人になっても見習いたい「きんたろう」でした。

オッツオ
繰り返し、読んであげたい一冊ですね。

 

絵本データ

タイトル Kintaro きんたろう
作者 いもとようこ 文・絵
Soshi Uchida 英訳
出版社 岩崎書店
サイズ A4変・25ページ
ページ数  25ページ
発行日 2012/10/10
付属品 CD1枚

きんたろうって良い子だなと思った、あなたも
Leave it to me!」早速使おうと思った、あなたも
👇ぜひ、よろしくです👇


人気ブログランキング



関連絵本

英語絵本|Momotatro ももたろう ( はじめてのめいさく (CDつき))

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*