2019年流星群を見に行くなら『しぶんぎ座流星群』子どもと一緒に流星群を見に行こう

Pocket
LINEで送る

オッツオ
キラッと光る流れ星を見つけると

思わず嬉しい気持ちになるものです。

 

そういえば、しばらく流星群は見ていないな・・・と思い

2019年は、どんな流星群があるのか調べてみました。





(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

2019年流星群

流星群名 極大日 条件 1時間に期待できる観測数(良条件時)
しぶんぎ座流星群 1月4日頃 最高 20~30個程度
こと座流星群 4月22日頃 悪い 数個~10個
みずがめ座η(エータ)流星群 5月6日頃 最高 5個~10個
うしかい座流星群 6月28日頃 普通  
みずがめ座δ(デルタ)南流星群 7月30日頃 良い  
やぎ座流星群 7月31日頃 最高 3個~5個
ペルセウス座流星群 8月13日頃 悪い 20個程度
10月りゅう座流星群(ジャコビニ流星群) 10月8日頃 良い  
おうし座南流星群 10月10日頃 悪い  
オリオン座流星群 10月21日頃 普通 10個程度
おうし座北流星群 11月12日頃 悪い 5個程度
しし座流星群 11月18日頃 悪い 5個~10個
ふたご座流星群 12月14日頃 悪い 40個~100個
こぐま座流星群 12月23日頃 最高 5個程度

 

2019年流星群を見に行くなら

オッツオ
2019年の流星群は、月明りの影響で

飛びぬけて華やかな活動をしそうなものは、今のところないようです。

観測条件期待できる観測数で言えば、しぶんぎ座流星群が狙い目です。

しぶんぎ座流星群

2019年のしぶんぎ座流星群は、比較的好条件で見られます。

しぶんぎ座流星群は、8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群と並ぶ三大流星群の一つです。

うしかい座とりゅう座の、境界付近にある放射点から流れ星が流れます。

 

2019年のしぶんぎ座流星群

【活動期間】12月28日~1月12日

【ピーク時(日本時)】1月4日11時頃

【月齢】月齢1

【見頃】1月4日夜明け前

 

月明りを全く気にすることがないので、月齢は最高です。

ただ、ピーク時刻が日本時間で昼の11時頃と日中になってしまうため

流星群が増加中に夜が明けてしまいます。

それでも、空が暗い場所であれば、1時間あたり30個程度は期待できそうです。

北東方向を中心に、空を見上げましょう。

 

観測する時間

2019年のしぶんぎ座流星群のピークが、お昼なので1月4日の明け方に見に行くことになります。

この日の日の出時刻は、7時近くと夏に比べると遅いので

5時台観測を目指してみようと思います。

 

一番のおすすめ時間は、1月4日0:00~夜明け(日本時)のようです。

4日に都合がつかない場合は、1月3日0:00~夜明け(日本時)でも期待はできそうです。

 

観測準備品

一般的な準備品としては

・懐中電灯
・星座早見盤
・方位磁針

などがあると良いですが、スマートフォンがあればカバーもできます。

懐中電灯 ®

 

最も明るく、速くて便利な懐中電灯です。

Night Sky

 

Night Skyは拡張現実(AR)を用いたパワフルな個人用プラネタリウムです。

スケスケコンパス

AppStore 無料ユーティリティ部門1位獲得。

参照:https://app-liv.jp/

他には、双眼鏡、望遠鏡、カメラなどがあると

更にじっくりと星空を楽しめることでしょう。

 

防寒対策

オッツオ
寒い季節なので、かなりの防寒と路面状態の注意が必要です。

星の観測は、あまり動かないので

多少身動きがとり辛くとも、こてっこてに防寒したいと思います。

 

防寒のために準備したいもの

ニット帽、耳当て さらにフードも被る、フェイスマスクなども
首元 マフラーなど カイロを付けるのもあり
からだ 防寒着 スキーウエアでもダウンジャケットでも、とにかく暖かいものなんでも!
インナーウエア ヒートテックなど
手袋 裏起毛防寒グローブや防風のものなど
靴下(重ね履き) ヒートテック靴下、レッグウォーマー、足カバーなど。
防寒靴 裏起毛が付いたスノーシューズなど

その他、カイロ使いも重要です。

背中、腹、腰、つま先、手の甲などに。首元に使ってもマル。

インナーとアウターの間は、フリースやセーターなど、とにかく中に着込むことが大切です。

他には、持ち運びができる暖房機が欲しいですね。

 

子連れで観測するなら

準備したい防寒対策で、一般的な準備品を挙げましたが

子どもと一緒に観測するなら

テントや、地面に敷けるシートマット類、毛布などがあっても良いかと思います。

 

あとは、夏ならともかく寒い時期ですので、

月齢が低いお子さんだと、体調を崩したりしないか心配なので

個人的には3歳くらいからが、理解も出来て体力的にも

良いのではないかと思います。

 

まとめ

以上「2019年流星群を見に行くなら『しぶんぎ座流星群』子どもと一緒に流星群を見に行こう」でした。

2019年は、大きな流星群が期待できないようですが

その中では好条件のしぶんぎ座流星群がおすすめです。

オッツオ
流れる星の神秘、

自然の中で感じる宇宙とのひとときを、家族で過ごしてみてはいかがでしょう。




FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.