雪の結晶ってどうやってできるの?写真で観察「雪の結晶ノート」

Pocket
LINEで送る

 

トゥーリ
雪の結晶って、本当綺麗な形だね。

どうやって、できるのかな?

オッツオ
そうだね。不思議だよね。

では、こんな絵本はどうかな?

トゥーリ
本日ご紹介する絵本は

「雪の結晶ノート」です。

 




雪の結晶ノート

 

絵本紹介

トゥーリ
雪の結晶がどうやって

できるのか、描かれている絵本です。

 

雪の物語は、雲の上からはじまります。

小さな「ちり」に水蒸気が付き、その水の粒から出来上がる六角形の結晶。

自然に出来たとは思えない美しい姿!

実際の大きさと比較した写真もあって、イメージが湧きやすくなっています。

 

六角形以外の形も

六角形が中心の星印のような形がよく知られていますが

他にも、角板結晶と呼ばれる板のような形や

柱のような結晶、12本の枝を持つ結晶などもあるそうです。

オッツオ
雲粒(うんりゅう)と呼ばれるこぶが付いたものもあり

結晶って、同じ形はないというけれど

本当様々なんですね。

 

巻末には、雪の結晶の観察の方法も載っていて

子ども向けに、美しい結晶を見ることができる絵本です。

 

絵本データ

タイトル 雪の結晶ノート
作者 マーク・カッシーノ&ジョン・ネルソン 作/千葉茂樹 訳
出版社 あすなろ書房
サイズ 20.4×20.7cm
ページ数 30ページ
発行日 2009年11月


雪の結晶って惚れ惚れする!というあなたも
よし!見に行こう!と思ったあなたも
👇ぜひ、よろしくです👇


人気ブログランキング



 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*