雪の結晶|折り紙|肉眼でも見れる動画

Pocket
LINEで送る

オッツオ
雪の結晶って、肉眼でも見れるんだよね。

スキー場に行った時、グローブの上に降る小さな宝石を

よく眺めたものだよ。

 

温暖化と言われるだけあって、日本の街中では

1年1年と雪を見る回数が、減っている気がします。

私が小さかった頃は、庭でかまくらも作れたし、ソリ滑りもできたものです。

子ども達に雪の世界を見せてあげたいと、雪の結晶について調べてみました。




雪の結晶について

雪の結晶は、雲の中の「ちり」に水蒸気が集まって生まれます。

気温が約マイナス4℃以下になると、雪は一つ一つ単体で「結晶」として落ちてきます。

水の性質から、その形は基本六角形ですが「板」のような形のものや

12本の枝を持つものなどもあります。

 

雪の結晶は約1ミリ~2ミリ

雪の結晶は、肉眼でも見ることができますが

ルーペがあると、さらによく観察できることでしょう。

色のついた紙や布の上に、雪の結晶を受け止めて

覗いてみましょう。

フリースは結晶を壊しにくいようなので、フリースに結晶を置いても良いかも。

 

 

 

雪の結晶の工作

折り紙を切り絵で作る雪の結晶の作り方

参照:https://nukumore.jp/articles/569

 

 

肉眼で見る雪の結晶 動画

 

参考絵本

雪の結晶写真の絵本【きらきら】文|谷川俊太郎

 

雪の結晶ってどうやってできるの?写真で観察「雪の結晶ノート」

 




 

 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*