春になったのでオタマジャクシを探しに行きました※閲覧注意※

Pocket
LINEで送る

タルヴィッキ
こんにちは!

今回は、オタマジャクシ探しに出かけました。

 

3月。春が来たぞ!ということで

今回は、オタマジャクシを探しに出かけました。

子どもと一緒に、オタマジャクシをカエルまで育ててみたいと思ったからです。

ひと昔前であれば、田んぼを覗けばカエルやオタマジャクシと出会えたものですが

今はそもそも、田んぼもなかなか見かけません。

そこで、ザリガニ釣りができる川の近くに行ってみたのでした。

 



オタマジャクシはどこだ?

ため池を覗いてみても、オタマジャクシどころか

生き物の姿は何も見えず

「ここには居ないのかなぁ」

「まだ寒いから出て来ないのかなぁ」

などと、考えていると・・・・

 

タルヴィッキ

∑(ΦдΦlll 

 

おそろしいものを発見しました・・・。※閲覧注意

 

 

なんでしょう・・。

何かの卵の塊のようです・・・。

 

 

気持ち悪い・・・。

の一言に尽きます。

カエルの卵なのか?それとも他の生き物か?

よくよく見ると、その塊は池のあちこちに点在していました・・・(((;゚;Д;゚;)))。

 

しかし!

ここで、気持ち悪がっていては

子どもの意欲を削ぐことになると思い

勇気を振り絞って、丸いスコップで卵を観察してみました。

 

スコップで、卵の塊の一部をすくってみようとしましたが

卵はくっ付いていて、分裂しないようになっていました。

卵の中央の水を汲んでみると、黒い生き物をGET!!

 

 

オタマジャクシのような・・?

ヒルと言われれば、ヒルのような・・・?

それとも他の生き物だろうか・・。

大きさは3ミリ程の生き物でした。

 

子ども達は「可愛い~!!!」と喜んでいましたが

なにぶん正体が不明なので、もう少し暖かくなったら出直すことにしました。

 

生き物の正体

あとで分かったことですが、あの黒い生き物は

ニホンアマガエルオタマジャクシのようです。

参照:https://www.honda.co.jp/outdoor/knowledge/adventure/picture-book/nihonamagaeru/

 

タルヴィッキ
カエルはカエルでも、茶色のものやイボイボのものじゃなくて

ちょっと一安心。

また出直して、今度はカエルになるまで育ててみたいと思います。

 

 

自然体験を子どもに

 

「様々な体験を重ねてきた高校生ほど思いやりがあり意欲旺盛、人間関係能力も高い。」

というデータがあるそうです。(引用:頭のいい子をつくる夫婦の戦略/清水克彦)

様々な経験とは、動植物との関り地域活動自然体験家族イベントなどです。

これらは、子どもが小さいうちは特に、機会も沢山あることでしょう。

正直、子どもが一緒じゃなかったら

正体不明の卵をつついたりなどしません(笑)。

でも、こんな肌で感じる自然との体験で、何かを学ぶのかな?と考えます。

タルヴィッキ
「今の季節なら何ができるかな?」と、

子どもと一緒に、もっともっと

これからも冒険しようっと!

 

おまけ

 何か分からないけど、こんなものも採ってみました。

 

 

タルヴィッキ
その後の
リベンジ体験記はこちら👇

3月のオタマジャクシの様子|春の池を覗いてみました




FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.