子どもと一緒に金魚釣りを体験してみました

Pocket
LINEで送る

 

タルヴィッキ
こんにちは!

今回は、金魚釣り体験レポートです。

 

釣り好きのパパさん、ママさんなら特に

子どもにも釣りをやらせてあげたい!と思うことが

あるのではないでしょうか。

我が家は、釣りには詳しくはないのですが

子どもに釣り体験をさせてあげたいと、お手軽そうな金魚釣りに行ってみました。

行く前の準備は、親子で金魚釣りに行くための計画を練ってみたにまとめてあります。




金魚釣り体験

タルヴィッキ
今回、お邪魔させていただいたのは

手賀沼フィッシングセンターという

淡水魚の総合レジャーランドです。

 

金魚釣りは、30分1竿500円で貸出。

金魚が泳ぐ、石造りの大きな水槽で行います。

 

金魚は、屋台の「金魚すくい」のものと比べると

一回り大きく、1つの水槽で100匹くらい?泳いでいました。

釣り方は、針に練り餌を付けて垂らすだけで、簡単お手軽です。

あっという間、10分で2匹釣りあげました。

しかし、その後は警戒心が強まったようで、エサは食べるものの

なかなか食いついてくれず、結果30分で4匹。

2匹は、お持ち帰りできるとのことで、我が家にお迎えしました。

 

幼児にとっては

「金魚痛くないの?!」

釣り上げた金魚を見て、第一声がこれ。

すぐに針を外してあげて、バケツの中で元気に泳ぐ姿が見れたので

みんな、ほっと一息。

これまでは、「魚は痛みを感じない」と見聞きしたことがありましたが

近年の研究では、魚にも痛みなどの苦痛の感覚があるようだ・・・との見方が

広まっているようです。

 

針先を目で追うのは、少し難しかったようですが

食いついた時に竿を渡してあげると、無事釣り上げ成功。

しっかり満足してくれました。

鯉が泳ぐ池もあり、エサも100円で売っていました。

 

さいごに

金魚釣りおすすめポイント・餌が練り餌なので、虫が苦手な人に〇

・金魚が食いついているのが見えて楽しい

・釣った後も、小さく扱い易い

 

長時間の釣りに、まだ集中できない小さな子の場合

今回のような30分の釣りは、わりと調度良い気がします。

受付には駄菓子コーナーもあって、おやつをお供に釣りができました。

何かを学べたかどうか?はともかく(笑)楽しめたことは確実です。

タルヴィッキ
何を学ぶにしても

楽しい」「好き」から入るのが

一番だと思うので、そこは成功でした!

 
釣具のキャスティング

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*