3月のオタマジャクシの様子|春の池を覗いてみました

Pocket
LINEで送る

タルヴィッキ
こんにちは!タルヴィッキです。

オタマジャクシ採りのリベンジに
行ってきました。

 

カエルの幼生であるオタマジャクシ。
3月頭に探しに行った時は、まだ大きな卵の塊があり
小さな小さなオタマジャクシが、少し居ただけでした。

 

春になったのでオタマジャクシを探しに行きました※閲覧注意※

 

あれから2週間。
オタマジャクシと卵はどうなったのでしょう。

 




池で泳ぐ小さなオタマジャクシ

前回10個以上点在していた卵は、3~4個に減っていました。
残っている卵も小さくなっています。

 

 

 

水の中をよく覗き込んでみると
いました!いました!

 

 

小さなオタマジャクシが、泳ぎ回っています。
こうして改めて見ると、オタマジャクシって泳ぐのが結構早いのですね。

でも、採るのは簡単。
お砂場用スコップなどで、ひょいっとすくえます。

子どもも熱中するようで、平気で1時間はオタマジャクシ採りをしていました。

自然の中で遊ばせるのは、とても良いとよく聞きますが
こんな小さな池や、砂があるだけで、子どもって長く遊べるんですよね。

 

近くに、テントウムシも居ました!

 

こちらはミツマタ。

 

桜も咲いて、もうすっかり春ですね。

 

タルヴィッキ
今回は、オタマジャクシを持ち帰り
カエルになるまで、育ててみます!

 

 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.