富士山とポピーを一緒に見たいなら山中湖 花の都公園

Pocket
LINEで送る

オッツオ
こんにちは!オッツォです。

移動中に、富士山を見ることは多々ありますが
家族とゆっくり富士山を見に行くのも良いな
などと考えている今日この頃です。

 

富士山は標高3776.24 m。静岡県と山梨県に跨る活火山です。
世界遺産にも登録され、ますます海外からも注目を集めていますね。
富士山NETでは、富士山の情報、リアルタイムの様子をみることができますよ。

さて今回は、ポピーと富士山を一緒に見るなら
いつが良いのか、どこで見れるのか調べてみました。




山中湖 花の都公園

オッツオ
富士山とポピー畑の景色が見たいなら
山中湖の畔にある花の都公園に行ってみましょう。

出典:花の都公園

山中湖花の都公園は、標高1,000mの高原にある自然公園です。
四季折々の富士山と鮮やかな花畑が見られます。

 

 名称 山中湖 花の都公園
所在地 山梨県南都留郡山中湖村山中1650
連絡先 0555-62-5587
入園料 時期によって異なる。
大人:無料~500円
小中学生:無料~200円
駐車場 乗用車 300 円
HP http://hananomiyakokouen.jp/

 

2種類のポピー

オッツオ
花の都公園で見られるポピーは2種類あります。

カリフォルニアポピー(花菱草:ハナビシソウ)

こちらは、カリフォルニア州の州花でもあるカリフォルニアポピー。

ハナビシソウは、草丈60cmくらい、茎は根元からよく出て株立ちになり、葉は掌状に3裂する。4月から5月にかけて、花径7-10cmくらいの4弁花を開く。花色は、濃い黄色が基本だが、淡黄色・オレンジ色・朱色・サーモンピンクなどのものもあり、八重咲きもある。
出典:wikipedia

花言葉:消えること無い想い

花の都公園での見ごろは6月下旬~7月中旬ごろ。

 

ポピー(ひなげし)

こちらはひなげしです。ケシ科の総称であるポピーと呼ぶこともあるようです。

ヒナゲシ(雛芥子、雛罌粟、学名:Papaver rhoeas)は、ヨーロッパ原産のケシ科の一年草。グビジンソウ(虞美人草)、コクリコ(フランス語: Coquelicot)、シャーレイポピー (英語: Shirley poppy) とも呼ばれる。
出典:wikipedia

花言葉:七色の恋、心の平静、乙女らしさ、感謝、別れの悲しみ、休息

花の都公園での見ごろは6月下旬~7月中旬ごろ。

 

アクセス

富士急行線 「富士山駅」からバスで30分
(周遊バスふじっ湖号http://www.yamanashibus.com/fujikko
JR御殿場線 「御殿場駅」からバスで50分
東富士五湖道路「山中湖IC」から5分

出典:花の都公園

 

まとめ

オッツオ
富士山とポピーを一緒に見たいなら山中湖 花の都公園
についてまとめてみました。

 

30万平方メートルの敷地を埋め尽くす四季折々の花々。
ポピーの他にも春のチューリップ、夏のひまわり、秋のコスモス。
花畑の他にも、水遊具広場や溶岩樹型地下観察体験ゾーンなど
学べて楽しい施設もあります。

お食事処もあるので、家族で1日楽しめる公園でしょう。

 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*