子どもの話を聞く時の一番のポイントとは

Pocket
LINEで送る

 

トゥーリ
子どもって、お話が大好きですよね。
小さな発見や、楽しかった時間を
いつも一生懸命伝えようとしてくれます。

 

でも、お母さんだって忙しい。

やることがあると、「ちょっと待ってて」「後にして」などと
言いたい時もあります。

今回は子どもも満足、ママも余裕がもてる話を聞く時のポイント
紹介させていただきます。




子どもの話を聞く時のポイント

それは・・・

「子どもの話を聞く時は、何よりも気持ちに共感してあげる」こと。

トゥーリ
「気持ちに共感してあげる」

 

これです。

 

「今日のお弁当、転んだらゴチャゴチャになったの」

「えー!だから、いつも落ち着いてって言ってるでしょ」

 

真っ先に、こんなこと言ってはいけませんよ。
ママの気持ちを優先すると、共感よりも先に
注意やアドバイスを、したくなることもあります。

ママの感情が、あらわになってしまうこともあるでしょう。

でも共感を一番にしてあげると、
子どもはその後の話を、素直に聞き入れようとしてくれるのです。

 

6つの基本情動

「恐怖」「怒り」「悲しみ」「喜び」「驚き」「嫌悪」
これらを6つの基本情動と言います。

共感をしてあげる時は、特にこの6つの感情に注目してみると良いでしょう。

今、この子は驚いたことを伝えようとしているのかな?

悲しい思いを理解してほしいのかな?

こんな風に心中を察して、「それは驚いたね」などと
言葉にしてあげましょう。

「うん!そうなの!」と元気な返事が返ってくるかもしれません。(#^.^#)

そんな6つの基本情動への、共感はもちろんのこと
「今は話したくない」なんて気持ちや「ママと一緒にいたい」
などという気持ちの時もあるかもしれません。

ママが自分の伝えたいことや、気持ちを言ってしまう前に
まずは子どもの言い分を、態度や言葉で受け入れてあげられると良いですね。

 

さいごに

子どもは「話を聞いてくれない人」には、話をしたがりません。

でも、大人だってそうだと思いませんか?

子どもが次々と話を始めるのは、「ママは話を聞いてくれる」
思ってるからでもあるんですね。

話を聞いてもらえると安心します。
子どものために動き回って、忙しいことも多いけれど
素直に「なんでも話したい!」と、思ってくれている気持ちを
いつも受け止めてあげたいものです。

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*