生き物とのふれあいなら足立区生物園|ホタルの夕べ|駐車場案内

Pocket
LINEで送る

 

タルヴィッキ
こちらは
東京都にある足立区生物園です

 

足立区生物園は元渕江公園の一角にあり、生き物とのふれあいから
命の大切さを学べる施設になっています。

馬やカンガルーなどの大きな哺乳類から、小さな昆虫類や両生類に
出会うことができます。




足立区生物園

名称 足立区生物園
所在地 〒121-0064 東京都足立区保木間2-17-1
  03-3884-5577
営業時間 4月~10月 9:30~17:00/11月~3月 9:30~16:30
定休日 毎週月曜 / 年末年始
※足立区が定める夏休み期間中は、休まず開園
入園料 大人(高校生以上) 300円
小人(小中学生) 150円
未就学児 無料
アクセス 竹ノ塚駅の東口から徒歩約20分(1.5km)
駐車場 有り。100円/30分、日最大料金600円
HP 足立区生物園

生物園では、小学生や親子向けに様々なプログラムが用意されています。
暖かくなってきた春であれば、ヒツジの毛刈りやチョウの飼育体験。
春の昆虫探し、釣り教室などがあります。

 

ホタルの夕べ

初夏にオススメなのが、夜間特別開園のホタルの夕べです。
この期間は、屋外の昆虫ドームの中でホタルが舞います。

2018年の開催時は、通路とホタルの間には、ネットが張られていました。
なので、ホタルを触ったりすることは出来ません。
暗い室内をホタルの明かりを頼りに、一列に進んでいきました。

昆虫ドームに入るまでは、とても混雑しました。
長い行列が生物園の外、公園の中までグルグルと連なり
ドームに入るまで1時間半ほどかかりました。
ですので、早め早めに受付を済ませるのが良いかと思います。

 

どんな生き物がいる?

足立区生物園には、約380種類の生き物がいます。

 

正面口から入ると、目に飛び込んでくるのが金魚の大水槽。
何種類もの金魚が、光る泡の中で優雅に泳ぎます。

 

金魚の大水槽の横には、チョウの飼育室と観覧展示室への通路が。
チョウの展示室では、チョウの卵や幼虫、さなぎなどを見ることが出来ます。
観覧展示室には、熱帯魚や両生類・爬虫類などがいます。

 

展示室の下には狭い通路があり、展示室の中から顔を出す仕掛けがあります。
こういうのは、子どもが喜びますね!

 

ここで見られる生き物は、熱帯魚、ヘビやカエルなどの爬虫類、両生類。
チンチラやカメも居ます。

 

生き物研究室

生き物研究室では、生き物に触れるイベントやザリガニ釣りなども行っています。

※ザリガニ釣りは、あだちの生き物観察室で行う場合もあります。

 

ふれあいタイムに登場した、ヘラクレスオオカブトと
ドクターフィッシュ。

 

タルヴィッキ
こんな生き物も・・・。∑(ΦдΦlll 

 

体長5 ~ 7.5 センチのマダガスカルゴキブリ。

 

屋外の展示室には?

屋外には、里山をイメージしたという庭園が広がります。
池を覗くと、たくさんのオタマジャクシ!

モルモットやウサギとふれあえる「ふれあいコーナー」があるのも
こちらです。

 

 

他には、オーストラリアの生き物が暮らすオーストラリアドームや
牧場でお馴染みのヒツジや馬なども見れます。

駐車場は?

駐車場はこちら。

第一駐車場 足立区保木間2-22-1 駐車台数19台
第二駐車場 足立区保木間2-6-9 駐車台数10台

料金は30分100円、日最大料金600円です。

第一駐車場

足立区保木間2-22-1

 

第二駐車場

足立区保木間2-6-9

 

さいごに

元渕江公園は遊具の方も、広場の方も沢山の人で賑わっていました。

タルヴィッキ
生物園は再入園ができるので、イベント時間に合わせて
公園と行き来して遊ぶのも最高ですね!

 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*