子供とキャンプに行きたい!キャンプ初心者は何から始めればいいの?

Pocket
LINEで送る

 

タルヴィッキ
こんにちは!タルヴィッキです。

 

子ども達の「ホタルを見たい!」との発言をキッカケに
なぜかキャンプ場を検索しているところです。




子どもとキャンプに行こう!

キャンプと言えば
大昔、キャンパー家族に連れられて、一度行ったきりだけの初心者の私。

何から始めれば良いのか全く分からないまま、キャンプ場を検索していると
キャンプ場では、色々な過ごし方ができることが分かってきました。

まず、建物。
コテージやキャビン、ロッジなど色々あるけれど・・・

 

コテージ・キャビン・ロッジ・バンガロー・ケビン違いは?

色々あるけど、違いは何?

と思って調べたところ
コテージ以外は明確な分類がなく、呼び方が違うだけのようです。
そのキャンプ場オーナーのセンスだとかなんとか。

 

キャビン・ロッジ・バンガロー・ケビン

主に木造建築の宿泊小屋。キャンプ場によって様々な形があり、設備もそれぞれ。
ベッドだけの部屋、ベッドも冷暖房もない部屋など、殺風景な部屋も少なくない。
基本家具が無く、木でできたテントと思えば良いでしょう。(←ほんとか?)

 

コテージ

かわってコテージは、貸別荘を借りるような家具付きの部屋。
キャンプ場では一番グレードの高い宿泊方法。
シャワーやトイレが備わっていることも多いので、
「日常スタイルで自然を満喫したい!」なんて時には、コテージが良いかもです。

 

キャンプ場の過ごし方

キャンプ場に行くのは、本格的なキャンパーだけかと思っていましたが
泊まらなくても、キャンプ用品を持っていなくても参加できることが分かりました。

 

デイキャンプ

デイキャンプとは、日帰りで行くキャンプのこと。
そもそも「キャンプ」には、野外で一時的な生活をするという意味があるので
デイキャンプでは夜寝る以外の、調理や食事、遊びや運動などをしながら
野外で過ごします。

テントやタープの設営も入るところが、ただのバーベキューとは違うところ。

デイキャンプができるキャンプ場も沢山あるので
本格的なキャンプの前に、一度体験してみると良いかも♪

 

コテージに泊まる

昼間は思いっきり自然を楽しんで、夜は家具が揃った部屋で安心して眠れます。

コテージは宿泊施設という位置づけなので
キッチンやバス、トイレ、空調設備にAC電源が備わっていることも多いようです。
テント設営の手間もなく、キャンプ道具がなくともキャンプを楽しめるわけです。

小さな子どもがいる場合や、キャンプ初心者ならコテージ泊から
野外生活をはじめてみても良いかもしれません。

 

キャビンやバンガローに泊まる

キャビン、バンガロー、ロッジは、コテージとテントの間の位置づけですね。

「テントにはやや不安があるけど、アウトドアに近づきたい!」
そんなあなたには、テントより耐久性のある木造小屋をどうぞ。
子どもが一緒の場合にも、まずはこのあたりで様子見をしたいところです。

 

テントに泊まる

そして最終目標のテントで寝る!

でも、キャンプ初心者には何を買ったら良いのか。
買ったところで、どのくらいの頻度で使うだろうか。
どこにしまおうか。

子ども達も小さいし
まだ買うのは、早いのでは?

などと、迷いの種がぽっぽ、ぽっぽ。

でも実は、テントって持参しなくても
レンタルしてくれるキャンプ場も結構あるんです。

テント以外のタープや調理器具などのレンタルもあるので
とても有難いサービスですね!

 

さいごに

タルヴィッキ
キャンプ場では、
何も分からないキャンプ初心者でも楽しめることが分かりました。

グッズを揃える前に、自分達に合った方法でキャンプをしてみて
そこから欲しいもの、やりたいことを増やしていくのはいかがでしょうか。

 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.