「自己肯定感はどうやって育つのか」子どもの自己肯定感を高める3つの方法

Pocket
LINEで送る

タルヴィッキ
こんにちは!タルヴィッキです。子育て中のみなさん、お子さんは自分自身のことを大切にできていますか?

お子さんは、自分のことが大好きですか?

こういった気持ちを「自己肯定感」と言いますが

「親」の立場の場合、自分の自己肯定感だけではなく、我が子の自己肯定感にも

意識をしてあげたいところです。

 

・・・が、そうは言っても、自己肯定感とは

どうやったら、高められるのでしょう?

そもそも、その前に「自己肯定感」を高めてあげる必要はあるのか?

そこから「?( ̄ー ̄?)」とも感じます。

私は今では、育児に 多少は 頭を使うようになりましたが、初めての子育ての時は

健康面ばかりに気をとられ、精神面や能力面のことなど

何も考えずに過ごしていました。(笑)

 

 

しかし今振り返ってみると、なんて子ども達にもったいないことをしていたのだろう

と気づいたのです。

 

子どもは、たくさんの可能性を持っています。

そして、人生を楽しむための準備も万端なのです。

その一番のカギを握っているのは、やはり「お母さん」だと私は思います。

 

そこで今回は、子どもの自己肯定感を育むための3つの方法を紹介致します。

頭に入れておくと、子育てが今よりまた楽しくなるかも・・・?




自己肯定感を育むための3つの方法

①共感

まず何よりも、子どもの気持ちに「共感」をしてあげることです。

楽しそうに、幼稚園でのことを教えてくれたなら、「楽しかったんだね。」
大好きなおもちゃが、壊れて泣いていたとしたら、「悲しいね。」などと。

しかし、こういった気持ちは、理解してあげやすくても
ちょっと悩んでしまうのは、わがままを言ったり、駄々をこねた時。

急いでる時など、本当に困ってしまいますね。
でも、子どもには子どもの分かってほしい気持ちがあるのです。
それが何かを察知して、一旦その気持ちに共感してあげましょう。

子どもは、自分の甘えたい気持ちや、グズグズとしたマイナス感情を受け止めてもらうと
「どんな自分も受け入れてもらえる」と、安心ができるのです。

 

「共感」を示してあげる具体的な行動としては、以下のようなものもご参考に!

・泣いてる時は抱きしめて「よしよし」してあげる
・子どもの気持ちを言葉にしてあげる
・子どもがスキンシップを求める時は、とことん応えてあげる

 

 

②時間を共有する

子どもと共有する時間で、一番大切にできたら良いのが「会話」

子どもが、何か話したいことがある時は、目をみてしっかりと話を聞いてあげましょう。
人は誰でも「自己の重要感」というものを持っています。
他人に認められたい、存在価値を見出したい、というものです。

話をしっかりと聞いてあげるという行動は、この重要感を満たしてあげることができます。
特に大好きなお母さんが、自分の話に耳を傾けてくれることは
何よりもの安心感になるでしょう。

 

そんな「会話」を生活の中で楽しむとしたら、うまく使いたいのが「食事時間」です。
家族の健康のために、用意した食事を囲んで、みんなで会話を楽しんでみましょう。

自分の声を受け止めてくれるという満足感、人の話に耳を傾ける注意力
会話のキャッチボールという社会性など、副産物はいくらでもあります。

さらに、子どもの話をうまく引き出してあげると、子どもの読解力を育てることにも繋がります。

 

他には、一緒に遊んであげる時間も、子どもにとっては楽しいもの。
特に、親子で身体を使った遊びは、大脳の発達を促し、子どもの運動神経を伸ばすお手伝いにもなります。
親子の信頼関係を深めるにも、もってこいです。

 

 

③「大好き」を伝える

大人同士でも、言葉で伝えあわないと分からないことは、沢山あります。
それは子どもだって、親子だって同じです。

 

「生まれてきてくれて、ありがとう!」

「いつも一緒に居れて、ママは幸せだよ!」

「やっぱり、あなたって最高ね!」

「あなたのことを信じているよ!」

「ママはいつでも味方だよ!」

 

今さら・・・なんて思わずに、出会えた喜び、子どもにもらえる幸せ、
子どもの素晴らしさを、声に出して伝えてみてください(*^o^*)

その言葉は、すべて子どもの自信に繋がります。

思った以上に、子どもの反応が良くて笑ってしまうかもしれません。

 

 

さいごに

つまりは、大好きなママに、丸ごと愛してもらえること
これこそ、何よりの安心感だと思いませんか。

誰かが自分を認めてくれることで、自分も「自分を肯定できる気持ち」が育ちます。
誰かが自分を大切にしてくれるから、自分も「自分を大切に」したくなってきます。

 

「なんて自分って素敵なんだろう!」

自分に満足できて、何事も前向きに乗り越えていける人生と、そうでない人生。

どちらの方が人生に幸せを見出せるか・・・。

 

これが、子どもに自己肯定感を育ててあげたい理由です。

もしも、子どもが今はまだ「自分を大切にすること」が分かっていないようでも
そばに寄り添って、お互いに愛情を感じながら、気持ちを深めていくのも良いかもしれません。

 



FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る