可愛らしいやまんばの絵本ーまゆとりゅう―やまんばのむすめ まゆのおはなし

Pocket
LINEで送る

ばぁば様
こんにちは。

今回ご紹介するのは
やまんばの子ども「まゆ」の絵本です。
((@^ェ^@))

 

「やまんば」と聞くと、少しこわい印象を持つかもしれませんね。
「やまんば」とは奥山に棲む日本の妖怪とされています。

鬼婆(おにばば)、鬼女(きじょ)とも言われ
老婆の姿などで昔話に登場します。

「まゆ」と、その家族は穏やかな優しいやまんばなので
安心して読めますよ。(=^_^=)



まゆとりゅう―やまんばのむすめ まゆのおはなし

あらすじ

山にはまだ雪がたっぷりと残っている春の朝。

今日はお客様がやってくるので、「まゆ」はお母さんとお出迎えの準備。

お客様としてやってきたのは、本物の「龍」でした。

 

ネタバレ

「まゆ」は本物の龍を見たのは初めて。

大きな「龍」にすっかり驚いていると

おや、子どもの「龍」もやってきました。

「龍」たちに飲み物を与えると、お母さんは「しごとにでかけよう」と言いました。

「まゆ」とお母さんは、それぞれ「龍」に乗って空高く舞い上がります。

そして「龍」と共に山の雪を溶かす雨を降らせたのです。

「まゆ」は家に戻ると「また来年、待っているからね」と

「龍」に挨拶をして見送りました。

 

絵本データ

タイトル まゆとりゅう―やまんばのむすめ まゆのおはなし
作者 富安 陽子 (著), 降矢 なな (イラスト)
出版社 福音館書店
サイズ  27×20cm
ページ数 32ページ
発行日 2008年02月15日
FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る