「僕もやりたい」やる気を見せた4歳の体操教室体験

Pocket
LINEで送る


irumamさんによる写真ACからの写真  

 

 

タルヴィッキ
こんにちは!タルヴィッキです。
今回は、子どもの体操教室についての体験談です。

 

上の子の体操教室に、いつも付き添ってくれていた息子。

体操の授業中は本を読んだり、お友達と遊んだりしていましたが

突如「僕もやりたい」と言ってきました。

実は息子も2歳から体操をやっていたのですが、色々あって半年ほど休んでいたので

また再開してみようかと、体操体験教室に参加してみました。

  


 

体操教室の体験をしてみよう

教室の体験をするといっても、現在上の子が通っているところで申し込みさせてもらうだけなので何も手間はありませんでした。

現在通う教室は、これまでに何ヶ所か見て選んだ教室なので、なおさら悩む理由はありません。

 

【こどもの習い事】体操教室のメリットは?|体験談

 

体験料は教室によって、無料のところから1,000円くらいと差があります。

今回は500円かかりました。

 

体操のクラス分け

体操のクラスは、赤ちゃんクラス、幼児クラス、初級・中級・上級クラスとあります。

息子は4歳なので、本来なら幼児クラスとなるのですが

上の子の授業時間の関係で、初級クラスじゃないと通うのが難しいのです。

 

先生に相談すると「先生の話をしっかり聞ければ大丈夫((@^ェ^@))」

と言っていただけたので、初級クラスの体験をさせてもらうことになりました。

 

初級クラスは、基本小学生の子達向けなので大きな小学校高学年の子達も混ざっています。

うちの子は明らかに一番小さい・・・。

大丈夫かしら・・・。

 

 

授業内容

私の心配はよそに、息子は張り切ってお兄さんお姉さんの中に入っていき

授業がはじまりました。

はじめは準備運動と柔軟体操。

 

先生にサポートされながら、息子は見よう見まねでがんばっています。

仰向けになって手で腰を支えながら足を高く上げ、自転車のように足を漕ぐ運動などは

腰を上げなければいけないことにも気づかず、ただ足を上げてバタバタ。

私はただ可愛くて微笑ましく、カメラマンになっていました(笑

 

 

鉄棒に挑戦

マットの運動が終わったあとは、いざ鉄棒です。

息子はまだ逆上がりもできないのですが、ついていけるのでしょうか・・・。

 

まずは鉄棒に飛びつく?運動です。

両手でしっかり鉄棒を握って、ジャンプでお腹を支えに鉄棒に乗ります。

そして飛び降りて、また飛び乗って、それの繰り返し。

鉄棒を低くしてくれていたので、このあたりはできたようです。

 

他には鉄棒にぶら下がり横に移動をしたり、前回りをしたりと

小学生の初級クラスは、そこまで本格的な内容ではなかったので

息子でもなんとかやれることで助かりました。

 

一応家に鉄棒があって、それによくぶら下がっているので

そこそこ腕の力はついていたようです(笑)

何度も楽しそうに集中して、自分から鉄棒に向かっていっていました。

 

 

次はマット運動

マット運動では、逆立ちや側転などにも挑戦しました。

息子は前転(でんぐり返し)をしても、スッとは立てないレベルなのですが

周りと比較して怖気付くこともないようで、マイペースでニコニコと楽しんでいました。

 

何度も何度もコロコロと回って、マットから落ちる始末。

相当なやる気が見れました。(笑)

 

側転は、これまでにちゃんとやったことがなかったので

1回目は逆立ちになってバタン!

先生と笑ってあれれれ。

 

そこでアドバイスをもらって再び挑戦すると、なんとか横向きに。

まだまだ足は上がっていませんが、怖がらずに何回もやっていました。

 

 

体操教室体験を終えて

さて、息子にとっては半年ぶりくらいの授業でしたが

楽しく汗だくで終わることができました。

男の子の習い事としては、サッカーや水泳、野球なども良いなと思うのですが

それはもう少し大きくなって、本人がやりたくなったらで良いかなと思ってます。

体操をやっていると基本的な身体の使い方を学べるし

大人になった時にも運動として続けられるのではないかな。

スノーボードもやらせたいので、ボードの回転技をやる上では器械体操をやっているに越したことないので。

 

・・・と、そんな諸々の理由でこれまで体操をやらせてきましたが

息子もまた新たに始めることになりそうです。

 

 

 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る