顔に白いできもの?!皮膚科に行ってみると・・・肌トラブル解決法

Pocket
LINEで送る

FineGraphicsさんによる写真ACからの写真

 

タルヴィッキ

ふと、顔にできものを発見しました

|||||ガ―∑(。´・ロ・。`||||)―――ン||||||

 

頰に一箇所、目元に一箇所、白いポツっとしたものが現れました。

ニキビとは違うように見えますが・・・。

この「ポツ」が、どうしても嫌だったので、皮膚科に行ってきました。

 




 

顔に突如として現れたポツ。その正体は・・

色々と調べてみると、白いできもの、どうやら

稗粒種(はいりゅうしゅ)というもののようです。

(ひりゅうしゅとも呼ばれるそうです。)

 

稗粒種とは痛みや痒みはなく、うぶ毛の毛穴の皮膚からできたもので

表皮嚢腫(のうしゅ)の小さなものと考えられているそうです。

 

表皮嚢腫とは、皮膚にできた嚢腫(袋みたいなもの)で、中には角質(要するに垢)が貯まっている。
日本では粉瘤とかアテローマとも呼ばれる。

 

2つできたうちの1つは、いつのまにか消えてしまったのですが

頰の方はしぶとく1ヶ月経っても残っています・・・。

自分で何かして跡が残ったら困るので、皮膚科に行くことにしました。

 

 

脂肪の塊?

いざ、診察を受けてみると「脂肪の塊です。」とのこと。

実際には、中身は脂肪ではなく「角栓」のようなものらしいのですが。

 

角栓とは、皮脂腺から分泌された皮脂や周囲の角質が毛穴中で凝固、発達したもの。
角栓の約70%を占めるのは角質(たんぱく質)。皮脂は角栓の約30%。

 

稗粒種ができる原因は、角質が溜まるからだそうです。

これは肌の表面の話ではなく、肌の内部で作られるものなので洗顔は関係ないのだとか。

 

 

治療は・・

何か塗り薬でもあるのかと思っていたのですが、治療としてやっていただいたのは

針で潰す。

そして絞り出す。

 

これだけでした。(笑)

 

診察台に横になり、注射針?で何回かチクチクと刺されました。

その後、ピンセットか指か、よく分かりませんでしたがググググ・・・と押されました。

痛さは注射より痛くありませんでした。

保護テープを貼って終了です。

 

病院によっては、炭酸ガスレーザーなどで治療するところもあるようです。

 

翌日、テープを剥がしてみると

つまんだような跡と黒い点のようなものができていました。

黒い点は血豆のようなもので、つまんだ跡とともに数日から一週間程度でキレイになるそうです。

 

 

さいごに

年代、性別を問わずにできるイボ、稗粒種とは

良性の腫瘍ですので、放置しても特に支障はないそうです。

ただ美容的にに気になる場合は、皮膚科で処置してもらうのがオススメです。

自分でやってしまうと、うまく絞り出せないこともあるそうですので。

私の場合、治療費は980円で済みました。

 

稗粒種ができるか、できないかは

体質にもよるようなので、これといった予防法はないようです。

タルヴィッキ

ですが、簡単に治せますので

もし出来てしまっても焦らず、皮膚科でお世話になって綺麗な肌に戻しましょう♫

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る