ロボロフスキーの赤ちゃん生後2週間頃|まだちゃんと目も開いてないけど・・・

Pocket
LINEで送る

オッツオ
どうも。オッツォです。

生後12日頃の赤ちゃんの様子を撮影しました。

 




 

赤ちゃん勝手に家出する

お母さんが朝ごはんを食べています。

ぽりぽりぽり・・・

 

すると奥に映る家の中が、ごそごそと動き・・小さな生き物が!

サカサカとどこかに出て行ってしまいました。

 

最後に家の中に映っているのは、赤ちゃんのお姉ちゃんです。

赤ちゃんの家出にお母さんは気づいていません。

 

 

あ!こんなところに

 

あらあら、赤ちゃんは自由に走り回っています。

目は見えているのかな?

大丈夫?

 

 

お母さんに見つかった!

 

そうこうしていると、お母さんに見つかってしまいました!

あ〜

 

「こんなところで何やってるの?!」

お母さんは必死に赤ちゃんの体を綺麗にしてあげています。

仰向けになって「あ〜」とでも言っているかのような赤ちゃんがめんこい(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ु⁾⁾

 

 

その一方

家の前では他の赤ちゃんたちがわさわさわさわさ・・・。

 

 

ひとりぬくぬく

みんなが騒がしい中、ひとりぬくぬくとしているのは

赤ちゃん達のお姉ちゃんでした。

 

 

生後2週間頃のロボロフスキー赤ちゃん

生後10日頃まで、赤ちゃんは家の中にいるか、お母さんに運ばれているか

自分の意思で大きく移動することは、ほとんどありません。

 

それが10日頃になると、時々ひとり歩きをしている赤ちゃんを見かけます。

まだ目もちゃんと開いていません。

早い子でうっすら開いているだけ。

それなのに、家から出て散策を始めます。

ぽりぽりとご飯を食べ始める子もいます。

 

お母さんは赤ちゃん達を家に連れ帰ったり、体を綺麗にしてあげたり

なんだか、てんてこ舞い(笑)

一生懸命に子育てをしています。

 

見ていると本当に飽きない時期ですよ。

 

ロボロフスキーハムスターは、多頭飼いができるので

こんな子育て中でも、上のきょうだいが一緒に居ても全く平気です。

みんなで家の中に入っています。

1匹をじっくり飼うのも良いけれど、こんな家族の光景もたまらなく可愛い

そんなロボロフスキー達でした。

 

 

 

 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る