メダカの赤ちゃんが生まれたよ!エサはどうする?

Pocket
LINEで送る

オッツオ
どうも、オッツォです。

メダカの赤ちゃんの撮影をしてきました!

 

春先から夏にかけて、とても人気のあるメダカ。

数匹で飼っていると、小さな小さな赤ちゃんと出会うことがあります。

本日は、メダカの赤ちゃんについてお送り致します!

 




 

メダカの赤ちゃんが泳ぐ姿

写真ではうまく撮れなかったのですが、動いてくれていると

どこに居るか見つけやすくなります。

 

 

実際の大きさは、1㎜〜2㎜くらいでしょうか。

小さいながらも元気に泳いでいます。

 

 

メダカの赤ちゃんの食べ物

赤ちゃんは生後3日頃までは、お腹で蓄えた栄養で大きくなるため

餌は与えなくて大丈夫です。

3日以降は、親の成魚の餌を細かく砕いてあげることができます。

こちらでは、成魚の餌をサランラップで少し包み、ハンマーで叩いて細かくしたそうです。

パウダー状にするのがポイント♫

あげる量は、ほんの少し。匹数にもよりますが、指先にくっつく程度の量で良いそうです。

 

生後15日頃からは、成魚用をそのまま与えても食べれるようになります。

もちろん、食べれているか確認しながら。

 

 

メダカの赤ちゃんを育てる環境

まず水温は25度に保つと良いでしょう。

水温計とヒーターがあると便利ですね。

ふ化した後は、しばらく換水をせずにそのままにしておきましょう。

赤ちゃんは生まれた時の環境が一番居心地良いからです。

 

ただ、屋外で育てる時は

水質や水温はあまり気にしなくても、元気に育つことが多いです。

 

 

さいごに

メダカの赤ちゃんは、本当に小さく可愛いです。

ただ、十分な大きさに育つまで、成魚と同じ水槽に入れずに育ててあげると良いでしょう。

 

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る