「自信」は2種類ある?!注目すべきは第1段階の自信

Pocket
LINEで送る

昨今、「自分に自信がない」と答える若者が、驚くほど多いそうです。

自分の能力や、価値を信じることができない・・・。

その根本的な原因は、どこにあるのでしょうか。  

 




 

「自信」とは

≪自信≫ 自分で自分の能力や価値などを信じること。 自分の考え方や行動が正しいと信じて疑わないこと。 「自信を失う」「自信満々」

参照:goo辞書

実は、この「自信」は2段階に分かれているのです。

 

第1段階の自信「自己肯定感」

  第1段階は、存在への自信。自己肯定感です。 自分に自信がないことの根本的な原因は、この自己肯定感の低さにあります。 次のデータは、日本と諸外国の若者の意識を集計したものです。    

 

日本の若者は諸外国と比べて,自己を肯定的に捉えている者の割合が低く,自分に誇りを持っている者の割合も低い。

日本の若者のうち,自分自身に満足している者の割合は5割弱,自分には長所があると思っている者の割合は7割弱で,いずれも諸外国と比べて日本が最も低い。年齢階級別にみると,特に10代後半から20代前半にかけて,諸外国との差が大きい。

参照:内閣府ホームページ/平成26年版

文化などの違いはあるにしても、日本の若者がこのように 「自分に満足できない」などと答えるのは、悲しい限りです。

 

第2段階の自信「能力への自信」

この自己肯定感の基盤の上に、第2段階の自信「能力への自信」があります。

これは、勉強やスポーツなどの能力を指します。

能力への自信は、練習や努力で高めることもできますが 根本的な精神面は、別の話です。  

つまり、能力面で失敗した時に 必要以上に自分を責め落ち込むか、前向きに捉えられるかは 第1段階の自己肯定感の高さに、左右されるのです。  

参照:明橋大二/子育てハッピーアドバイス大好き!が伝わるほめ方叱り方

 

まとめ

子どもの成長の上で、大事にしてあげたいのは

第1段階の自信「自己肯定感」です。

自己肯定感の高い子は、

たとえ辛いことがあっても またすぐ立ち上がって、

がんばることができるようになります。

叱られることがあっても

素直に、受け入れることもできるようになるのです。

それは、「自分の存在への自信」からなのです。  

自分のことが大好きで、

自分の存在に自信が持てるように愛してあげるのが、

親からの一番の贈り物かもしれませんね。(*^^*)  

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る