サン=テグジュペリの名言・格言

Pocket
LINEで送る

トゥーリ

今回は「星の王子様」で有名なフランスの作家サン=テグジュペリの名言を集めてみました。

 

サン=テグジュペリについて

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ(1900~1944)は、フランスの作家であり、パイロットでもあります。

自身の飛行士としての体験に基づいた作品を数々発表し「飛行文学」という新たな文学のジャンルを切り開きました。

1931年に発表した『夜間飛行』や1939年の『人間の土地』、1943年の『星の王子さま』などがベストセラーを記録し、現在でも世界中で広く愛読され高く評価されています。

 

名前 アントワーヌ・マリー・ジャン=バティスト・ロジェ・ド・サン=テグジュペリ
英語名 Antoine de Saint-Exupéry
誕生日 1900年6月29日
没年月日 1944年7月31日
享年 44歳
出生地 フランス・リヨン
国籍 フランス
職業 小説家、パイロット
配偶者 コンスエロ・スンシン
没地 フランス内陸部の偵察中に行方不明
埋葬場所 パリ アンヴァリッド前に記念碑

 

サン=テグジュペリの作品

1926年 南方郵便局
1931年 夜間飛行
1939年 人間の土地
1942年 戦う操縦士
1943年 ある人質への手紙
1943年 星の王子さま

 

サン=テグジュペリの名言

本当の愛は、もはや何一つ見返りを望まないところに始まるのだ。

愛はお互いを見つめ合うことではなく、ともに同じ方向を見つめることである。

計画のない目標は、ただの願い事にすぎない。

未来とは、あなたが予知しようとするものではなく、自分で可能にするものだ。

おとなは、だれも、はじめは子供だった。
しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、いくらもいない。

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。
かんじんなことは、目に見えないんだよ。

真実の愛は無限です。
与えれば与えるほど大きくなる。

努めなければならないのは、自分を完成させることだ。

救いは一歩踏み出すことだ。
さてもう一歩。
そしてこの同じ一歩を繰り返すのだ。

突然の啓示がひとつの運命を変えさせたように思われることがある。
だが、啓示とは、ゆっくりと準備された道が、<精神>によって突然見えたことにほかならない。

純粋論理学は精神の破滅です。

他人を裁くより自分を裁く方がずっと難しい。

船を造りたいのなら、男どもを森に集めたり、仕事を割り振って命令したりする必要はない。
代わりに、彼らに広大で無限な海の存在を説けばいい。

人に好かれるには、同情しさえすればいい。
でも、ぼくはめったに同情しないし、同情しても隠すことにしている。

もし誰かが、何百万もの星のなかのたったひとつの星にしかない一本の花を愛していたなら、そのたくさんの星をながめるだけで、その人は幸せになれる。

一滴の水が、どうして己を大河と知るであろうか?
だが大河は流れているのだ。
樹木を作る細胞の一つ一つが、どうして己を樹木と知るであろうか?
だが、樹木は伸び広がっているのだ。

不思議なことが多すぎると、それに逆らおうなんて気がしないものだ。

砂漠が美しいのは、どこかに井戸をかくしているからだよ。

人生には解決法なんかないんだ。
あるのは、前に進む力だけだ。
解決法は、後からついてくるものさ。

人間は、障害にむきあったときに、自らを発見するのだ。

本当の贅沢というものは、たったひとつしかない。
それは人間関係に恵まれることだ。

ぼくは、あの星のなかの一つに住むんだ。
その一つの星のなかで笑うんだ。
だから、きみが夜、空をながめたら、星がみんな笑ってるように見えるだろう。

人間たちはもう時間がなくなりすぎてほんとうには、なにも知ることができないでいる。
なにもかもできあがった品を、店で買う。
でも友だちを売ってる店なんてないから人間たちにはもう友だちがいない。

やはりお前は、お前の生命を投げ出させるものによってしか生き得ないのだ。
死を拒否する者は、生命をも拒否する。

ぼくたちは、たとえどんな小さなものであろうと、自分の役割を自覚したときにだけ、幸福になれる。

完璧がついに達成されるのは、何も加えるものがなくなった時ではなく、何も削るものがなくなった時である。

あなた自身を与えれば、与えた以上のものを受け取るだろう。

心を高揚させる勝利もあれば、堕落させる勝利もある。
心を打ちひしぐ敗北もあれば、目覚めさせる敗北もある。

人間はね、急行列車で走りまわっているけれど、何を探しているのか自分でもわかっていない。

歩みだけが重要である。
歩みこそ、持続するものであって、目的地ではないからである。

ひとりの人間の死とともに、未知の世界がひとつ失われる。

自分の内側を見てみても、ぼくは自分以外のものと出会ったことがない。

ぼくがこれほど、あなたに執着しているのは、たぶんあなたを、自分で勝手につくりあげているからだ。

あんたが、あんたのバラの花をとてもたいせつに思ってるのはね、そのバラの花のために、ひまつぶししたからだよ。

どこにでも好きな方に歩いていける。
ぼくは自由だ…
だが、この自由はほろ苦かった。
世界と自分が、どれだけつながっていないかを思い知らされた。

人間は充実を求めているのであって、幸福を求めているのではない。

僕の命を救ったのは、他でもない。
このささやかなほほ笑みだったんだ。

君という人間は君の行為自体の中に宿っている。
君の行為こそ君なのだ。
もうそれ以外のところに君はない!

地球は先祖から受け継いでいるのではない、子どもたちから借りたものだ。

生きながらえるためには、服従すべきであり、存在しつづけるためには、戦うべきである。

いったん出来事のうずの中に身をおいてしまえば、人はおびえないものだ。
人を不安にさせるのは、未知のことだけだ。

人間であるとは、まさに責任を持つことだ。
自分には関係がないような悲惨を前にして、恥を知ることだ。

人間であることは、自分の意志をそこに据えながら世界の建設に参加しているのだと感ずることである。

探しているものは、たった一輪のバラやほんの少しの水の中にも見つかるはずだ。

人間は真理を発見するのではない。
人間は真理を創造するのだ。

利害を越えた究極の目的を人と共有する時、初めて心のままに生きることができる。

 

トゥーリ

美しく心に響く言葉ばかりですね。

自分の生き方を見つめ直したくなります。

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り登録する
Pocket
LINEで送る